ホンダ・フリードは2011年10月に行われた初代モデルのマイナーチェンジの際にハイブリッド車が登場し、2016年のフルモデルチェンジで2代目モデルが販売開始されたタイミングで、ハイブリッド4WD車も新たに追加されています。

4WD車はFF車と比べて外装、内装のデザインなどに違いはありませんが、価格、燃費性能等は当然にFF車と異なります。

今回はフリードの4WD車の情報について紹介していきます。

フリコフリコ

今回はフリードハイブリッドの4WD車の話だよっ!


フリオフリオ

4WDは2WDと比べて燃費が悪いらしいが、フリードはどうなんだろうな

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリードハイブリッド4WDはどんな評価?

フリードは口コミサイト等で購入した方の感想が多数寄せられていて、ハイブリッド4WD車を買った方からの評価も確認できます。

まず、ハイブリッド4WD車の評価として、多く挙げらている点として、下記のような感想があります。

・小型ミニバンのハイブリッド車で4WD採用はありがたい。
・VSA装備なので、雪道性能が高く、安心して走行できる。
・一部グレードでHonda SENSING装備車を選べる。

まず、小型ミニバンのハイブリッド4WD採用についてですが、フリードは2016年のフルモデルチェンジからハイブリッド4WD車を新たに追加していて、排気量1.5Lのミニバンでは初のハイブリッド4WD車として話題になりました。

2018年現在もコンパクトミニバンのハイブリッド車で4WDを採用している車は少なく、多くの人が乗ることが可能で、悪路に強いフリードハイブリッドの4WD車は多数の方から高評価を得ています。

次にVSA装備、雪道走行の性能についてですが、フリードハイブリッドはVSAという「車両挙動安定化制御システム」が4WD車に標準装備されています。

これにより、旋回時の横滑りを抑制してくれるので、雪道などの滑りやすい道でも安定した走行が可能で、冬に雪がよく降る地域の方などからは4WD車の安定した走行は評価が高くなっています。

そして、フリードハイブリッドの4WD駆動車は一部グレードで安全装備「Honda SENSING」を搭載したモデルを選択できます。

Honda SENSINGは対向車との衝突回避誤発進抑制機能車線はみ出し防止など、様々な機能が付いている安全装備で、事故防止に役立ちます。

フリードハイブリッドの4WD駆動車は雪道などの走行性能が高く、Honda SENSING装備のグレードもあるので、多くの方から高い評価を受けています。

フリオフリオ

フリードハイブリッドなどの小型ミニバンは4WD駆動車が結構珍しいみたいだな
それにフリードハイブリッドは優秀な安全装置搭載モデルがあって、横滑り防止などもあるから安全面も評価されているのか

スポンサーリンク

フリードハイブリッド4WDの燃費は?

フリードハイブリッドの4WD駆動車の購入を考えている場合などには、4WD車の燃費性能も気になりますよね。

まず、フリードハイブリッドの4WD車のカタログ燃費、実燃費の情報を確認してみましょう。

車種名 カタログ燃費 実燃費(e燃費情報)
フリードハイブリッド 4WD 25.2㎞ 17.52㎞

 

フリードハイブリッドの4WD車はJC08モードで計測されたカタログ上の燃費は「25.2㎞」とかなり低燃費になっています。

しかし、多数の方から寄せられた実燃費報告の平均は「17.52㎞」で、カタログ燃費と比べると7㎞以上劣っています

フリードハイブリッド4WDの報告された燃費報告を確認してみるとリッターあたり「15~16㎞」の報告も多く、信号停止などが多い街中などなら、実燃費の平均値を下回る可能性もあります。

ただ、一部の方はリッターあたり「19~21㎞」ほどの報告も挙げていて、停止が少ない高速などの場合には、実燃費の平均を超えての走行も期待できるようです。

フリードハイブリッドは実燃費が約17㎞ほどとなっていて、走行環境次第では、実燃費平均より燃費良く走行できる可能性もあります。

フリコフリコ

フリードハイブリッドの4WD車はカタログ燃費は25㎞以上だけど、実燃費は大体17㎞ほどの報告が多いみたいだねぇ

スポンサーリンク

フリードハイブリッド4WDとFFの違いは?


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

フリードハイブリッドの4WD車には、FF車と比べて様々な違いがあります。

特に大きな違いとして、「価格の差」、「燃費性能の違い」、「7人乗りの選択可不可」などが挙げられます。

まず、4WD車とFF車の価格についてですが、フリードハイブリッドの4WD駆動車は新車価格がFF車より高く、大体22万ほど価格が違っています。

▼フリードハイブリッドFF 4WD新車価格

車種名 駆動方式 新車価格
フリードHYBRID B FF 2,256,000円
フリードHYBRID B 4WD 2,472,000円
フリードHYBRID G FF 2,496,000円
フリードHYBRID G 4WD 2,728,200円

 

フリードに限った話ではありませんが、4WD車はFF車より車両価格が高く、低価格で車の購入を狙っている場合、雪道走行が多いなどの理由がない限り、FF車を選んで価格を抑える方も多くいます。

次にフリードハイブリッドの4WD車、FF車の燃費性能についてですが、4WD車はFF車に比べて燃費性能が悪く、カタログスペックでも4WD車のほうが燃費性能が劣っています。

▼フリードハイブリッドFF 4WD燃費性能

車種名 駆動方式 カタログ燃費 実燃費(e燃費情報)
フリードHYBRID FF 27.2㎞ 18.20㎞
フリードHYBRID 4WD 25.2㎞ 17.59㎞

 

フリードハイブリッドのFF車はカタログの燃費を確認すると「27.2㎞」となっていて、4WD車の「25.2㎞」と比べると2㎞燃費が良くなっています。

ただ、実燃費で比べるとFF車の燃費は18.2㎞、4WD車は17.59㎞なので、1㎞以上劣っているわけではなく、走行方法次第でFF車に近い燃費で走れる可能性もあります。

そして、4WD車とFF車の大きな違いの1つとして、7人乗りモデルの選択の可不可が挙げられます。

ホンダ・フリードは一部グレードで7人乗りモデルが選べますが、4WD車は2列目シートがキャプテンシートのみに設定されていて、6:4分割タンブルシートは選択できません。

▼キャプテンシート

▼6:4分割タンブルシート

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

その為、7人乗りモデルの購入を検討している場合には、4WD車ではなく、FF車のみが購入候補として入ります。

フリードハイブリッドは4WD車、FF車で駆動方式以外に価格、燃費などの違いもあって、一部グレードで選択可能な7人乗りモデルが選べないのもFF車との大きな違いになっています。

フリオフリオ

フリードハイブリッドはFF車、4WD車で価格、燃費、シートと多くの違いがあるんだな

フリードハイブリッド4WDの中古車相場は?

フリードハイブリッドは中古車市場に多数の中古車が流れていて、ハイブリッド4WD駆動の中古車も一部確認できます。

まず、フリードハイブリッドの4WD中古車を一部ピックアップしてみます。

※スマホの方は横画面推奨

車種名 年式 ボディーカラー カスタム内容 走行距離 価格
フリード HYBRID B 2017年 ホワイトオーキッド・パール 純正ナビ

カスタムホイール

3.5万㎞ 212.3万
フリードHYBRID G 2017年 プレミアムスパークルブラック・パール 純正ナビ 3万㎞ 238万
フリードHYBRID G 2017年 プレミアムスパークルブラック・パール 純正ナビ 0.7万㎞ 243.8万
フリードHYBRID G 2017年 シトロンドロップ 純正ナビ 0.6万㎞ 248.8万
フリードHYBRID G 2016年 プレミアムスパークルブラック・パール 純正ナビ

カスタムホイール

2万㎞ 249.9万
フリードHYBRID G 2017年 ホワイトオーキッド・パール 純正ナビ 0.5万㎞ 269.8万
フリードHYBRID G 2018年 ホワイトオーキッド・パール 社外製ナビ 0.1万㎞ 281万
フリードHYBRID G 2018年 モダンスティール・メタリック 社外製ナビ 980㎞ 296.5万

 

フリードハイブリッドの4WD車は2代目モデルのみで、中古車価格は最低でも200万以上と高くなっています。

ただ、250万以下の中古車でも走行距離が4万㎞以下の車両がほとんどで、複数の中古車に純正、社外製ナビが装着されているのが確認できました。

また、一部の中古車はカスタムホイールを装着した車両もあって、230万以上の中古車のほとんどは安全装備のHonda SENSING搭載車になっています。

フリードハイブリッド4WD車は大体210~300万ほどの価格で中古車が販売されていて、240万ほどになると走行距離が1万㎞以下で、純正ナビを搭載した中古車も多数確認できました。

フリコフリコ

フリードハイブリッドの4WD中古車は最低でも価格が200万を超えていて、最高だと300万近い値段の中古車もあるんだね~

フリードハイブリッド4WDはこんな人におすすめ!

フリードハイブリッドの4WD車はFF車に比べて価格が高く、燃費性能も劣っているので、購入前に本当に4WD車が必要か悩む方もいると思います。

4WD車は整備されていない道の走行、上り下りが多い山道、滑りやすい雪道での走行などで性能を発揮しやすい車で、フリードハイブリッドも悪路走行の機会が多くなるならおすすめできます。

特に「雪が降りやすい地域に住んでいる方」、「アウトドア趣味の方」などはフリードハイブリッドの4WD車を選んだ方がFF車より多くの利点を得られる場合があります。

まず、雪が降りやすい地域に住んでいる方におすすめの理由としては、フリードハイブリッドの4WD車は雪道などの滑りやすい道に強く、雪が降りやすい地域でも安定した走行が期待できるというものです。

そんなことは雪が降る地域に住んでいる人からすれば当たり前かもしれませんが、フリード4WD車は横滑り等を抑えられるVSA装備車なので、大雪が降った日でも安定走行が期待しやすく、その他の4WD車よりも雪道での走行性能で一歩先を言っている車と言えます。

なので、冬の雪道に強く、燃費が良い車を求めているならフリードハイブリッドの4WD車を選んでみるのもいいと思います。

次にアウトドア趣味の方におすすめされる理由として、フリードハイブリッドの4WD車は悪路走行性能が高く、山道などでも安定した走行が期待できる点が挙げられます。

さらにフリードハイブリッドはシートアレンジ次第で休憩スペースの確保、荷室スペースの確保が可能で、車内泊を考えていたり、大きな荷物を積み込む際にもフリードの広い空間が役立ちます。

▼シートアレンジ・休憩スペース

▼シートアレンジ・荷室スペース

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリードハイブリッドの4WD車は山道、雪道などに強い性能を持っていて、車内泊も可能な広さがあるので、冬に雪道走行の機会が多かったり、アウトドアに出かける機会が多い場合には、フリードハイブリッドの4WD車を購入候補に入れてみるのもおすすめです。

フリオフリオ

フリードハイブリッドの4WD車は山道、雪道に強い性能を持っているのか
冬に雪が降りやすいところはフリードハイブリッドの4WDを選んでみると安心して走行できそうだな

フリードハイブリッド4WDの評価・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

フリードハイブリッドの4WD車は2016年から登場したモデルで、小型ミニバンの中で珍しいハイブリッド4WD車として高評価を受けています。

ただ、ハイブリッドの4WD車はFF車に比べて車両価格が高めで、燃費性能も劣っていて、何より7人乗りモデルが選択不可という欠点もあります。

しかし、フリードハイブリッド4WDは山道、雪道の走行性能も良く、VSA、Honda SENSING等の安全装備で安定した走行が可能なので、雪が降りやすい地域に住んでいる方、アウトドア趣味の方で、コンパクトミニバンのサイズの車が欲しい方には非常におすすめです。

また、フリードハイブリッドの4WD車は中古車市場にも流れていて、安ければ210万ほどから購入可能で、250万ほどの価格の中古車は走行距離が短く、純正ナビが付いた車両も多数あります。

フリードハイブリッドの4WD車はガソリン車と比べて燃費性能は高く、悪路でも安定した走行が狙えるので、雪が降りやすい地域に住んでいて、多人数乗りの車を求めている方などはフリードハイブリッド4WDの購入を検討してみてもいいでしょう。

今後、フリードハイブリッド4WDの購入を検討している場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。