ホンダ・フリードは最大7人乗りが可能なミニバンで、ファミリーカーとして利用する方などからの人気が高く、フリードと性能が似たライバル車も多数登場しています。

特にフリードのライバル車として、トヨタ・シエンタスズキ・ソリオは名前が挙げられやすく、様々なポイントを比べられることもあります。

今回はフリード、シエンタ、ソリオの特徴や販売台数などの情報について紹介していきます。

フリコフリコ

今回はフリード、シエンタ、ソリオの販売台数の話だねっ!


フリオフリオ

フリード、シエンタ、ソリオは各々比べられることも多いが、実際はどの車種が一番売れているんだろうな?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリード、シエンタ、ソリオ、それぞれの特徴は?

フリードは似た性能を持つライバル車と比べられる場合、トヨタ・シエンタやスズキ・ソリオの名前が挙がることが多くあります。

フリード、シエンタ、ソリオはそれぞれに様々な特徴があって、車体の大きさなども各車種によって大きく違っています。

フリードの特徴


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

ホンダ・フリードは2008年からホンダ・モビリオの後継車として登場したコンパクトミニバンの車で、現行モデルには最大7人乗りのフリードと5人乗りのフリード+の2モデルがあります。

まず、最大7人乗りのフリードはミニバンながら車体サイズが抑えられた車で、駐車場のスペースが大きくなくても停めることができます。

また、車体サイズがミニバンにしては小さめですが、シートが3列搭載されていて、セカンドシート、サードシートのシート間の広さも悪くなく、一部グレードにはタンブルシートを採用した7人乗りモデルも登場しています。

さらにフリードはサードシートを畳むことで収納スペースを広く確保することが可能で、セカンドシートもアレンジ可能なので、シートアレンジ次第で大きな荷物も積み込めます

次にフリード+は通常のフリードと比べて車体サイズが少し大きく3列目シートが廃止されたモデルです。

外装のデザインはフリードとほとんど変わりませんが、3列目シートがないので、荷室スペースが広く確保されていて、セカンドシートを畳むことで荷室スペースの拡張も行えます。

他にもフリード+はセカンドシートのアレンジ次第で車内泊を行えるスペースを確保することも可能で、ホンダ社の純正オプション品として、車内泊に役立つアクセサリーや収納スペースの利便性アップを狙えるオプション品も販売されています。

そして、フリード、フリード+にはガソリン車とハイブリッド車の2タイプのモデルが用意されていて、各エンジン共に一部グレードで4WD車も選択可能で、価格を抑えて購入するならガソリン車、燃費を気にするならハイブリッド車など、目的別に購入タイプを選ぶこともできます。

フリードはコンパクトミニバンながら多人数で乗ったり、広い荷室を確保することが可能な車で、ハイブリッド車で4WD駆動車を選べるという大きな強みも持っています。

シエンタの特徴


引用:https://toyota.jp/sienta/

トヨタ・シエンタは2003年から販売開始されて、2015年にフルモデルチェンジで2代目モデルも新たに登場しているフリードと同じコンパクトミニバンの車種です。

フリードと同じく、最大7人乗りが可能なコンパクトミニバンで、車体サイズはフリードより小さく、街中でも乗りやすい多人数乗りの車として人気があります。

さらにシエンタはサードシートを畳んでセカンドシートの下に格納することが可能で、シートアレンジ次第で荷室を広く確保し、大型の荷物を積み込むこともできます。

また、シエンタにはガソリン車とハイブリッド車の2タイプの車種が用意されていて、ガソリン車は一部グレードで4WDを選択可能で、4WD車は山道、雪道走行に強く、ベースグレードモデルにも安全装置のToyota Safety Senseをオプションとして追加することもできます。

そして、シエンタは2018年9月にマイナーチェンジが実施されていて、マイナーチェンジ後はフリード+と同じ5人乗りのモデルも登場しています。

シエンタは新車価格が抑えめなミニバン車で、フリードと同じく多人数が乗れるファミリーカートして、高い人気を誇っています。

ソリオの特徴


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

スズキ・ソリオは1997年に販売開始されたワゴンRの派生車種として登場したトールワゴンの車です。

トールワゴン車なので、最大乗車数は5人とフリード、シエンタと比べると少ないですが、ソリオは小型の車ながら天井が高く多くの荷物を積み込める車として人気があります。

特にソリオのセカンドシートをアレンジすることで荷室スペースの拡張できる点は大きな特徴となっていて、シートを畳むことで大型の荷物も楽に積み込めるスペースが作れます。

さらにソリオは収納スペースの多さも評価されていて、インパネ周り、ドアポケット、荷室床下など、様々な箇所に小物を入れておけるスペースが確保されています。

また、ソリオの大きな特徴として、ガソリン車、マイルドハイブリッド車、ハイブリッド車の3タイプが登場しており、燃費を気にするならハイブリッド車低価格で買うならガソリン車4WDの低燃費車ならマイルドハイブリッド車など、用途によって様々な選択肢が用意されています。

ソリオはハイブリッド車でも車両価格が安めで、多くの荷物を積み込むこともできるので、低人数で乗り回しやすい車を求めている方などから高い人気を得ています。

フリオフリオ

フリードはハイブリッド4WD車があって、シエンタは価格が安いなど、様々な特徴があるんだな


フリコフリコ

ソリオは5人乗りだけど、荷室が広く使えて、エンジン種類の選択肢が多いのも人気の理由なのかな?

スポンサーリンク

フリード、シエンタ、ソリオの販売台数は?

フリードなどの車種は検索サイトで調べると毎月、毎年の販売台数を確認することができます。

販売台数は各車種毎に大きく違っていて、人気が高い車種は月販売数が1万台を超えていることもあります。

ホンダ・フリードの販売台数

フリードは2016年9月にフルモデルチェンジが行われていて、現行モデルは2017年、2018年に多くの台数が販売されています。

まず、ホンダ・フリードの2018年1月から7月までの販売台数を確認してましょう。

※スマホの方は横画面推奨

販売年月 ガソリン車販売台数 ハイブリッド車販売台数 合計(フリード+含む)
2018年1月 2,510台 2,389台 6,050台
2018年2月 3,601台 3,022台 8,144台
2018年3月 5,048台 4,264台 11,053台
2018年4月 2,257台 2,115台 5,542台
2018年5月 2,537台 2,246台 5,869台
2018年6月 3,014台 2,640台 7,326台
2018年7月 2,950台 2,632台 7,016台

 

フリードは2017年の総販売台数が「104,405台」で、2018年に入ってからはガソリン車、ハイブリッド車ともに毎月2,000台以上販売されています。

特にガソリン車がハイブリッド車より多くの台数販売されていて、一部の月では5,000台を超えるガソリン車が販売されているのが確認できます。

また、2018年は2月、3月の販売台数が多くなっていますが、これは2月後半から3月は決算時期なので、値引き交渉がしやすく、多数の方が値引きでお得にフリードを購入できた結果だと思われます。

フリードは2018年の7月までで5,1000台ほど販売されていて、中間決算時期の9月には3月に近い販売台数が記録される可能性もあります。

トヨタ・シエンタの販売台数

シエンタは2015年にフルモデルチェンジが実施されていて、モデルチェンジ後の販売台数はフリードにかなり近くなっています。

まず、トヨタ・シエンタの2018年1月から7月までの販売台数を確認してみます。

販売年月 月販売台数
2018年1月 6,635台
2018年2月 8,385台
2018年3月 11,461台
2018年4月 6,103台
2018年5月 5,795台
2018年6月 7,038台
2018年7月 6,864台

 

シエンタは2017年の総販売台数が「96,847台」で、フリードに比べて2017年の販売台数は下回っていますが、2018年の販売台数は上回っている月もあります。

特に3月の販売台数が11,400台を超えていて、フリードと比べると400台ほど多く、2018年1月から4月まではフリードよりシエンタのほうが多数販売されているのが確認できます。

ただ、5月以降はシエンタの販売台数が少し下落し、フリードのほうが販売台数が伸びています。

5月以降のシエンタの販売台数が落ちている理由として、シエンタは2018年9月にマイナーチェンジが実施されていて、9月のマイナーチェンジを待ってから購入を検討する方が増えた為と思われます。

シエンタは2018年7月時点で52,000台以上が販売されていますが、9月のマイナーチェンジ以降はさらに販売台数が増えると思われていて、特に9月の販売台数はマイナーチェンジと決算が重なって大きく伸びる可能性があります。

スズキ・ソリオの販売台数

ソリオはシエンタと同じく、2015年にフルモデルチェンジが実施されている車種で、モデルチェンジ後から販売台数も伸びています。

まず、スズキ・ソリオの2018年1月から7月までの販売台数を確認してみましょう。

販売年月 月販売台数
2018年1月 3,342台
2018年2月 3,834台
2018年3月 5,045台
2018年4月 4,142台
2018年5月 3,354台
2018年6月 3,554台
2018年7月 3,507台

 

ソリオは2017年の総販売台数が「49,742台」で、フリード、シエンタと比べると大きく下回っていますが、フルモデルチェンジ後からは毎月全モデル合計で3,000台近い台数が安定して販売されています。

また、決算時期の3月は5,000台以上販売されていて、続く4月も他の月に比べて販売台数が伸びています。

さらにソリオは2018年7月上旬にマイナーチェンジが実施されていて、7月時点の販売台数も3,500台と悪くなく、中間決算時期の9月には多くの台数が販売される可能性もあります。

ソリオは2018年7月時点で26,000台以上販売されていて、2018年はマイナーチェンジが実施されている影響もあるので、年の合計販売台数は2017年を超える可能性もあります。

フリコフリコ

フリードは2017年の総販売台数ならシエンタ、ソリオよりも上になっているんだね~


フリオフリオ

ただ、2018年はシエンタ、ソリオがすでにマイナーチェンジを実施しているから総販売台数はシエンタがトップになるかもな

スポンサーリンク

フリード、シエンタ、ソリオの目標販売台数は?

フリード、シエンタなどの車種はモデルチェンジ、マイナーチェンジが実施された時に月間の目標販売台数も発表されています。

まず、各車種の現行モデルの月間目標販売台数を確認してみましょう。

車種名 目標発表時期 月間目標台数
フリード 2016年9月 6,000台
シエンタ 2018年9月 7,600台
ソリオ 2018年7月 3,500台

 

フリード、シエンタなどで目標とされている月間販売台数は車種によって大きく違っています。

最初にフリードに関してですが、フリードは2016年のモデルチェンジ後から月間の目標販売台数は6,000台となっています。

実際の販売台数と合わせて確認してみると目標台数を超えている月も多く、マイナーチェンジから1年半ほど立った2018年現在も安定して5,000台以上販売されているのは、フリードの人気の高さゆえだと思われます。

次にシエンタについてですが、シエンタは2018年9月のマイナーチェンジ後から月間の目標台数は7,600台になっています。

フリードと比べると目標台数が多いですが、シエンタは2015年モデルチェンジ後の目標販売台数も7,000台と多く2015年モデルチェンジ後から2016年12月までの販売台数はほとんど目標台数を超えていました。

シエンタは2017年以降も毎月6,000台近い台数が販売される車種なので、マイナーチェンジ後の目標台数も今後達成されていく可能性が高いと思われます。

そして、ソリオについてですが、ソリオは2018年7月のマイナーチェンジ後から月間の目標台数は3,500台になっています。

ソリオは2015年のモデルチェンジ後から目標台数は3,500台が続いていて、実際に達成している月も多く、マイナーチェンジ後の目標台数も達成される月が多くなると思われます。

フリード、シエンタ、ソリオはそれぞれ月間の目標台数が決められていて、実際の販売台数と合わせてみても目標台数を超える月も多くなっているのが確認できました。

フリオフリオ

フリードは6,000台、シエンタは7,600台と車種によって目標数はかなり違っているな


フリコフリコ

でも、実際の販売台数は目標を超えている月も多くなっているみたいだね~

フリード、シエンタが人気の理由

ホンダ・フリードやトヨタ・シエンタは1年で10万台近く売れる人気の車種ですが、なぜそこまで人気が出ているのか、その理由が気になりますよね。

まず、フリードやシエンタの人気が高い理由の1つとして、ファミリーカーとして使いやすい点が挙げられると思います。

フリード、シエンタはミニバン車種ながら車体サイズはそれほど大きくなく、駐車場のサイズが大きく確保されていなくても駐車できます。

また、最大7人乗りが可能なので、親子3世代で暮らしている方などでも家族全員で乗ることもでき、街中での取り回しの良さも人気に繋がっていると思われます。

他にも人気理由として、荷室スペースを広く確保可能な点や燃費の良さボディーカラーの豊富さなども挙げられます。

フリード、シエンタはシートアレンジ次第で荷室スペースを広く確保可能で、自転車などの大型の荷物も積み込めます。

▼フリード シートアレンジ「最大ラゲッジモード」

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

▼シエンタ シートアレンジ「フラットラゲージモード」

引用:https://toyota.jp/sienta/design/?padid=ag341_from_sienta_navi_design

荷室を最大まで広げる場合、乗車人数は2人までとどちらの車種も少なくなりますが、ファミリーカーとしての利用も可能で、低人数乗車時は荷室を大きく使える点はフリードなどの高い人気に繋がっています。

そして、フリード、シエンタの燃費に関してですが、どちらの車種もJC08モードのカタログ燃費がガソリン車なら15㎞以上ハイブリッド車なら25㎞以上と高くなっています。

実燃費はカタログ燃費より劣ってしまいますが、ハイブリッド車ならリッターあたり18㎞以上で走行できている方も多く、低燃費走行が可能な点もフリード、シエンタの人気に繋がっていると思われます。

また、フリード、シエンタの大きな特徴として、ボディーカラーの豊富さも挙げられます。

フリード、シエンタには、ホワイトブラックなどの人気が高いカラーからグリーンブルーイエローなど、様々なボディーカラーが用意されていて、自身の好みの色を選んで車を購入できます。

特にファミリーカーとして購入を検討している方はボディーカラーに明るい色を選ぶことも多く、ボディーカラーの多さはフリード、シエンタの高評価ポイントとして挙げられることもあります。

フリード、シエンタは多人数が乗ることも可能で、荷室スペースの拡張もでき、燃費も悪くないので、口コミサイトなどを確認しても多数の方から高評価を受けているのが確認できます。

フリコフリコ

フリード、シエンタは荷室が広く確保可能で、燃費が良い点なども合わせて人気に繋がっているんだね~


フリオフリオ

それに豊富なボディーカラーはファミリーカーを求めている人からは評価が高そうなポイントだな

フリード、シエンタ、ソリオ比較まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/

フリードやシエンタなどの車種は似た性能を持っていますが、それぞれ様々な特徴があります。

例えば、フリードは最大7人乗りが可能で、シートアレンジ次第で荷室スペースを拡張することもでき、ハイブリッド車でも4WD駆動を選択できます。

シエンタはフリード同じく7人乗り仕様車があって、アレンジ次第で荷室スペースの拡張も可能ですが、車体サイズはフリードより小さく価格を抑えて購入できる利点があります。

ソリオはフリードなどと違い、最大5人までしか乗車できませんが、荷室スペースは広く確保可能で、収納スペースが多く、低燃費のハイブリッドモデルも登場しています。

また、各車種は月間の販売台数も大きく違っていて、2018年ならフリード、シエンタは毎月5,000台以上販売されており、一部の月には1万台を超えている時もありました。

フリードやシエンタはファミリーカーとして扱いやすく、ソリオは多数の収納スペースが役立つ車なので、新車を購入する際は各車種の特徴を把握し、自身に合った車の購入を検討してみるのが良いでしょう。

今後、フリードの購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。