ホンダ・フリードスパイクは通常のフリードとは違い、3列目シートが廃止されているモデルで、セカンドシートを畳むことで荷室スペースを拡張することもできます。

荷室スペースを大きく確保できるので、車内泊用の車としてフリードスパイクを利用する方も多く、フリードスパイクに使える車内泊グッズも多数販売されています。

今回はフリードスパイクの車内泊の情報について紹介していきます。

フリコフリコ

今回はフリードスパイクの車内泊の話だねっ!


フリオフリオ

車内泊が行える人数や使いやすいマットなどの話は気になるところだな

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリードスパイクは大人3人で車内泊も可能?

フリードスパイクで車内泊を行う場合、最大で何人まで可能か、気になりますよね、

まず、フリードスパイクの荷室のサイズに関してですが、フルフラットモードを利用して前列シートも最前までスライドした場合荷室奥行が約2,015㎜荷室幅が約1,010㎜荷室高は1,000㎜以上になります。

特に奥行きが2,000㎜以上とかなり広いスペースが確保可能で、身長185㎝ほどの方でも足を伸ばして休むことができます。

また、荷室の幅は1,010㎜となっていますが、フリードスパイクは荷室スペースの左右に複数の収納スペースがある分、幅が少し狭く、客室スペースまで行くと幅は少し広がります

そして、車内泊の最大人数に関してですが、フリードスパイクは奥行、幅はある程度広く確保できますが、車内泊が可能な最大人数は大人二人までになります。

最大人数が二人までの理由として、フリードスパイクはコンパクトミニバンの為、車体サイズが抑えられていて、特に荷室幅は1,010㎜と少し狭くなっています。

大人二人で並んで寝る場合、1,010㎜ほどでも問題はありませんが、三人になると幅が足りず大人三人で車内泊を行うのはほぼ不可能になっています。

フリードスパイクは大人三人での車内泊は厳しいので、車内泊を行うなら二人までに人数を抑えるのがいいでしょう。

フリオフリオ

フリードスパイクの車内泊は大人二人ほどまでなんだな


フリコフリコ

三人で車内泊をするのは幅が小さい分、難しいみたいだね~

スポンサーリンク

フリードスパイクを車内泊仕様に!オススメのテーブルやマットは?

フリードスパイクで車内泊を行うなら、使いやすいテーブルやマットの情報は気になりますよね。

まず、テーブルに関してですが、車内泊で利用できるテーブルを求めているなら「純正テーブル」、「アルミロールテーブル」などの設置してみるのがいいでしょう。

純正テーブルはフリードスパイクのオプション品として販売されていたテーブルで、シート後部に装着したマルチフックシステムを利用して装着できます。

▼マルチフックシステム

▼純正テーブル

引用:https://item.rakuten.co.jp/simons-store/freedspike201007-042/

テーブルサイズはそれほど大きくはありませんが、マグカップなどのサイズなら置くことが可能で、食事時に小さい皿を置く場所としても活用できます。

また、マルチフックシステムはテーブルの固定以外にも他のオプションパーツと組み合わせて使うことが可能で、袋を吊り下げておくコンビニフック、小物が収納できるポケットなどと合わせて他の用途でも利用できます。

次にアルミロールテーブルはアウトドア用品を取り扱うキャプテンスタッグから販売されているテーブルです。

▼アルミロールテーブル

引用:https://item.rakuten.co.jp/toolandmeal/10013640/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001741

フリード専用のテーブルではありませんが、車内泊時に設置すると皿、コップなどを置いておくテーブルとして利用可能で、キャンプや釣りなどに出かけた時には車外でも使えます

さらに未使用時は折り畳んで収納しておくことが可能で、保管時はスペースをあまり必要としないので、車内泊用のテーブルとして使いやすい性能を持っています。

続いて、フリードスパイクで使えるマットに関してですが、車内泊を行う場合、「ONLY STYLE 車中泊専用マット ワイドサイズ」、「SHINKE ラブベッド フリードスパイク用」などの装着を検討してみるのがいいでしょう。

ONLY STYLE 車中泊専用マット ワイドサイズは車中泊専門店のONLY STYLEから販売されているマットです。

▼ONLY STYLE 車中泊専用マット ワイドサイズ

引用:http://www.shachu-haku.com/bedding/onlystyle_mat_wide.html#mat42

フリードスパイク専用のマットではありませんが、マットのサイズが奥行198㎝、幅100㎝とフリードスパイクの荷室サイズと近くなっていて、厚みも10㎝あるので、車内泊時に敷いておくと快適さアップが狙えます。

また、空気で膨らませるマットなので、収納時はスペースを大きくとる必要がなく、利用時のみ膨らませて車内泊用のマットとして使えるので、車内泊を行うならONLY STYLEのワイドマットの購入を検討してみるのもおすすめです。

そして、SHINKE ラブベッド フリードスパイク用は車用のベッドキットを扱うSHINKEから販売されているマットです。

▼SHINKE ラブベッド

引用:http://www.shinke-box.com/fs/lovebed/c/gr4

SHINKE ラブベッドは様々な車種に合わせた専用設計で、フリードスパイク用のマットは客室と荷室部分で幅のサイズがマッチするように作られています。

収納は折り畳み式なので、スペースが必要になりますが、フリードスパイクの形に合うマットを求めている場合には、SHINKEの専用ベッドキットを候補に入れてみるのもいいと思います。

フリコフリコ

フリードスパイクはテーブル、マットに便利そうなアイテムが複数あるんだね~


フリオフリオ

スパイク専用設計のマットは車内泊時にはかなり役立ちそうだな

スポンサーリンク

フリードスパイクの車内泊に便利なグッズを紹介!

フリードスパイクで車内泊を行う場合、様々な便利グッズを装着しておくと車内泊の快適さアップが狙えます。

例えば、車内泊で使える便利グッズとして、「プライバシーシェード」、「ルーフインサイドレール」、「ドアウインドウメッシュ」などが挙げられます。

最初にプライバシーシェードは車内泊時、外からの視線、光を遮断する為に使えるグッズです。

▼プライバシーシェード

引用:https://item.rakuten.co.jp/desir-de-vivre/freedspike201110-31/

純正のプライバシーシェードは遮光性に優れた素材が使われていて、フロントガラス、リアウインドウ、テールゲートウインドウなど、各箇所に装着できるので、車内を暗くして休むことができます

また、外から車内の様子も見えないので、プライバシーを守る目的でも利用可能で、車内で着替える際などにもプライバシーシェードが役立つことがあります。

次にルーフインサイドレールは荷室スペース上部に装着するパーツで、装備しておくと車内の収納力アップが狙えます。

▼ルーフインサイドレール

引用:https://item.rakuten.co.jp/desir-de-vivre/freedspike201204-173/

ルーフインサイドレールを装着している場合、レールに服を吊り下げておくことが可能で、車内泊を行う際の着替えの保管場所として使えます。

他にもルーフネットと組み合わせて天井に収納スペースを作ることも可能で、ルーフインサイドレールは装備しておくと役立つことも多くあります。

▼ルーフネット

引用:https://item.rakuten.co.jp/desir-de-vivre/freedspike201304-025/

続いて、ドアウインドウメッシュはフロントウインドウ、リアウインドウに装備できるグッズです。

▼ドアウインドウメッシュ

引用:https://item.rakuten.co.jp/desir-de-vivre/freedspike201404-016/

車内で窓を開けたまま休憩する場合に使えるグッズで、装着しておくと虫の侵入を防ぎ、涼しい風を車内に取り込めます

走行中に使用はできませんが、車内泊を行う際には使える機会もあるので、春、秋などの涼しい時期用に装着を検討してみるのもいいと思います。

フリオフリオ

フリードスパイクは純正グッズだけでも複数のアイテムがあるんだな


フリコフリコ

プライバシーシェード、ルーフインサイドレールは車内泊の時に使える場面もありそうだよね~

フリードスパイクは車内泊仕様に改造もあり!?

フリードスパイクは車内泊用に購入を検討している方も多く、車内泊専用に改造を検討している方も多数います。

まず、フリードスパイクを車内泊仕様に改造するのはどうか、と聞かれると、車内泊仕様への改造はありだと思います。

フリードスパイクは荷室の奥行を最大200㎝以上確保可能で、幅も100㎝以上と悪くなく、大人二人ほどなら並んで休めます。

また、シートアレンジで荷室の床を段差のないフルフラットに変更可能で、マットを敷けば快適な睡眠スペースが作れます。

▼シートアレンジ「フルフラットモード」

引用:https://www.honda.co.jp/auto-archive/freedspike/2016/webcatalog/interior/

さらにフリードスパイクは純正オプションで車内泊に使えるカスタムパーツも販売されていて、特に「ACコンセント」、「LEDルームランプ」などは装着しておくと車内泊で役立ちます。

▼ACコンセント

引用:https://www.amazon.co.jp/HONDA-ホンダ-スパイク【GB3-ACコンセント-08U56-SYY-A10/dp/B00M2JEBSO

ACコンセントはインパネ下部に装着する内装用カスタムパーツで、車内でのスマホ充電、一部家電の使用などに利用できます

特に車内泊を行う場合、長時間車内で休むことも多く、スマホなどの充電設備は役立つ機会も多くあります。

LEDルームランプは車内ルームランプの換装パーツで、標準で装備されているハロゲンランプを外して装着を行えます。

▼LEDルームランプ

引用:https://item.rakuten.co.jp/desir-de-vivre/freedspike201204-032/

LEDランプに変更しておくと車内の明るさアップに繋がり、車内泊時はルームランプを使う機会も多いので、ランプをLEDにしておくと車内での快適さアップが期待できます。

フリードスパイクは荷室をフルフラットにすることが可能で、純正オプションに車内泊で使えるパーツも多いので、車内泊を行う機会が多いなら車内泊仕様に改造を検討してみるのもいいでしょう。

フリコフリコ

フリードスパイクは車内泊仕様への改造もありみたいだね~


フリオフリオ

車内泊で使えるカスタムパーツもあるし、機会が多いなら改造を検討してみてもよさそうだな

フリードスパイクの車内泊仕様化・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリードスパイクは荷室スペースを大きく拡張可能で、車内泊を行う方も多数います。

車内泊を行う場合、最大人数は大人二人ほどになりますが、フリードスパイクは奥行を広く確保できるので、身長185㎝ほどの方でも快適に休めるスペースが作れます

また、車内泊に役立つグッズも多数販売されていて、フリードスパイク用に専用設計された社外製マットなども登場しています。

さらに純正オプション品で荷室の利便性をアップできるルーフインサイドレールや外からの視線、遮光カットに使えるプライバシーシェードなどもあって、純正オプション、社外製品を組み合わせて快適な車内泊を行えます。

そして、フリードスパイクはフルフラットにシートをアレンジすることが可能なので、車内泊用の改造を行う方もいて、改造を行う場合はACコンセントやLEDルームランプなどのパーツを装着するのもおすすめされています。

フリードスパイクは広い荷室を活かして車内泊も行える車種なので、車内泊を考えているならフリードスパイクに使えるテーブル、マットなどの購入を検討し、快適な車内泊を楽しんでみるのもいいでしょう。

今後、フリードスパイクで車内泊を検討している場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。