ホンダ・フリードは2016年9月にフルモデルチェンジが行われ、新型モデルに世代交代しています。

新型フリードは旧モデルに比べて様々な改良がされていて、口コミサイトでも多くの感想が寄せられています。

今回は新型フリードの口コミ情報やナビ、カラーについて紹介していきます。

フリコフリコ

今回は新型フリードに寄せられた口コミ情報などのお話だよ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリード新型の口コミにはどんなものが多い?

新型フリードは小型ミニバンとして人気が高い車種で、口コミサイトを確認すると車についての感想などを書かれている方もたくさんいます。

特に新型フリードの場合、口コミとしては、

・ファミリーカーとして使いやすい
・乗り心地がちょうどいい
・車内の広さも旧モデルに比べて広く感じる
・3列目シートを畳むと荷室を広く確保できる
・サイズが小さいミニバンなので、街中でも乗りやすい

上記のような感想を書く方が多くなっています。

まず、新型フリードの大きさについての評価ですが、新型フリードは車種タイプはミニバンとなっていますが、通常のミニバンと比べて車両サイズは小さめで、小型ミニバンとして売り出されています。

通常のミニバンほど大型ではないので、街中の走行のしやすさなどは評価が高く、最大7人乗りまで選べるので、ファミリーカーとして使いやすいのも評価されています。

また、車内の広さについてですが、新型フリードは旧型と比べてシートの間隔が1~3列目までで合計90㎜広くなっていて、車内空間の快適さアップが図られています。

その為、旧モデルから乗り換えた方からは新モデルのほうが広く感じるなどの感想が多く、3列目シートを畳んだ際の荷室確保が可能なのも一部の方からは高評価になっています。

次に乗り心地についてですが、新型フリードは乗り心地についてちょうどいいという感想がたくさん挙げられています。

さすがに高級ミニバンの座り心地には勝てませんが、新型フリードは6人乗りなら肘置きも付いたキャプテンシートが採用されていて、キャプテンシートの座り心地は悪くないという評価もたくさんあります。

また、3列目シートに座っても大きな揺れは感じないという感想も複数あって、新型フリードは座り心地が悪くなく、揺れも少ないので、乗り心地に関しても評価は悪くないと感じられました。

ただ、新型フリードは一部不満な点も口コミサイトに挙げられていて、特に多い不満点として、

・3列目シートを使うと荷室スペースがほとんどなくなる
・セカンドシート、サードシートにエアコンが効きづらい

などの不満が確認できます。

まず、3列目シート展開時の荷室スペースに関してですが、新型フリードは3列目シートに人を乗せる場合、荷室スペースがかなり狭くなり、乗車人数が多いと荷物の積み込みが難しくなります。

小型ミニバンなので、仕方のない点ではあるのですが、3列目シートを使った際の荷室スペースの狭さは一部の方からは不満点として挙げられています。

次にセカンドシート、サードシートへのエアコンが効きづらい点ですが、新型フリードはエアコンの吹き出し口が運転席、助手席の前にある4ヶ所しかなく、セカンドシート以降にエアコンが効くのが遅くなります。

その為、すぐに車内全体にエアコンを効かせ辛いのは不満点の1つに挙がっていて、特にファミリーカーとして利用している方はエアコンに関しては不満を持っていることも多くなっています。

新型フリードは室内スペースの広さ、乗り回しの良さなどは評価が高いですが、3列目シート使用時の荷室スペースの狭さ、エアコンの効きづらさなどは少し評価が悪い感想が口コミサイトで寄せられているのが確認できました。

フリオフリオ

新型フリードは評価が良い点も多くあるが、一部不満を持たれているところもあるみたいだな

スポンサーリンク

フリードの新型、ガソリン車とハイブリッド車それぞれの口コミ

新型フリードには、ガソリンエンジンとハイブリッドエンジンを搭載した2タイプが用意されていて、各エンジン車によってさまざまな口コミが寄せられています。

まず、ガソリン車に関してですが、ガソリン車は口コミサイトの評価を確認すると、エンジン、燃費についての感想が複数書かれています。

特に多かった感想として、

・ガソリン車にしては燃費が悪くない
・アクセルを踏んだ時のエンジン音が大きめ

などの口コミが多く寄せられていました。

最初にガソリン車の燃費に関してですが、新型フリードのガソリン車はリッターあたりの燃費がカタログ上では「19㎞」で、実燃費報告の平均値は「11.5㎞」ほどになっています。

停止、発進が多い街中では、実燃費平均を下回ることもあると報告されている方もいますが、高速走行ならリッターあたり16㎞以上の燃費で走行している方も多く、ガソリン車ながらリッターあたり10㎞以上を記録できる点は高評価を受けています。

また、ガソリンエンジンのエンジン音に関してですが、ガソリンエンジン車はエンジン音が少し大きめで、エンジン音の大きさが口コミサイトで挙がることもあります。

特にアクセルを踏み込んだ際にエンジン音がかなり大きくなると報告が多く、ガソリン車のエンジン音の大きさは一部の方からは不満点として報告されています。

次にハイブリッドエンジン車の口コミに関してですが、新型フリードはハイブリッドモデルも口コミサイトで様々な感想が挙がっていて、特に燃費、車両価格に関しての感想が多めになっています。

特に多かった感想として、

・ハイブリッド車なので、ガソリン車と比べて燃費が良い
・車両価格が高い

などの口コミが挙げられます。

まず、ハイブリッド車の燃費に関してですが、新型フリードのハイブリッドモデルはカタログ燃費が「27.2㎞」で、実燃費報告の平均は大体「17.7㎞」ほどになっています。

カタログスペックと実燃費を比べると大きな差が出ていますが、ガソリン車の実燃費と比べれば6㎞ほど燃費が良くなっていて、ハイブリッド車を選ぶなら年間のガソリン費ダウンが期待できます。

次に車両価格が高い点についてですが、新型フリードのハイブリッド車は車両価格が最低でも225万~とガソリン車の最低価格と比べて25万以上高くなっています。

ハイブリッドエンジンを搭載しているので、価格アップは仕方ないのですが、ハイブリッドモデルはグレードが上がると250万を超えるモデルも複数あるので、車両価格の高さは不満点として挙がっていることも多くあります。

新型フリードはガソリン車、ハイブリッド車で様々な口コミ報告が挙がっていますが、燃費に関してはどちらも評価は悪くなく、ガソリン車はエンジン音、ハイブリッド車は値段など、一部の不満点も確認できました。

フリコフリコ

ガソリン車、ハイブリッド車のどっちも燃費は悪くないけど、一部不満な点も挙がっているんだね

スポンサーリンク

フリード新型のナビにはどんな種類がある?

新型フリードは購入時、オプション品としてカーナビを装着することが可能で、オプション選択可能なナビには大きく分けて「メーカーオプション品」と「ディーラーオプション品」が用意されています。

メーカーオプション品

フリード購入時にメーカーオプションで選択できるナビはインターナビ機能とETCが付いた7インチのナビとなっています。

▼メーカーオプションナビ

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/equipment/navi/

インターナビ機能とは、Hondaのインターナビ情報センターサーバーとリアルタイムで通信を行い、目的地までの精度が高いルートを算出したり、ルート上の気象情報や防災情報をリアルタイムに受信できる機能で、利用すると渋滞を避けて目的地を目指したり、豪雨などの防災情報をリアルタイムで把握できます。

さらにメーカーオプション品は標準でリアワイドカメラが搭載されていて、リアカメラで車両後方の状態を把握できるので、バック駐車も安心してできます。

他にも標準でTV、DVD/CDプレイヤー、ラジオチューナーなどの機能もあって、Bluetoothを利用すればスマートフォンと接続してハンズフリー通話、音楽再生なども行えます。

インターナビ情報の取得に使う通信料はすべてHonda負担になっているので、利用者は使用料を負担する必要がなく、メーカーオプション品は標準でETCも付いていて、カーナビと合わせて高速もスムーズに走れます。

ディーラーオプション品

新型フリード購入時に選べるディーラーオプションで選べるナビには、「エントリー インターナビ」、「ベーシック インターナビ」、「スタンダード インターナビ」、「9インチ プレミアム インターナビ」の4つがあります。

エントリー インターナビは7インチ画面のナビで、基本的なナビ機能のみを搭載した機能が少ないナビになります。

▼エントリー インターナビ

引用:https://www.honda.co.jp/navi/vxm-184ci/

カーナビ機能の他にはBluetooth接続によるハンズフリー通話、音楽再生機能、ラジオチューナーなどが付いていて、ナビ機能のみを求めるなら低価格で購入できる最低限の機能を付けたナビになっています。

ベーシック インターナビはエントリー インターナビにDVD再生、TV機能を追加したナビです。

▼ベーシック インターナビ

引用:https://www.honda.co.jp/navi/vxm-184vfi/

エントリー インターナビとTV機能など以外は大きな差はありませんが、ベーシック インターナビは複数のオプションが装着可能で、エントリー インターナビより拡張性に優れています。

スタンダード インターナビはベーシックインターナビにCD録音などの機能を追加した様々な機能を持つ7インチナビです。

▼スタンダード インターナビ

引用:https://www.honda.co.jp/navi/vxm-185vfi/

ベーシックインターナビに比べてTV映像の高画質化などが図られていて、CDを再生した際には、CD録音機能でSDカードにCD音源を録音できます。

また、オプション品で音響スピーカーを搭載していた場合、スタンダード インターナビの音響チューニング機能を使って高音質で音楽を楽しむこともできます。

さらにスタンダード インターナビは特定アプリがインストールされたスマートフォンと接続することで音声認識も可能で、音声認識を使って目的地検索、周辺検索などの一部機能を利用できます。

9インチ プレミアム インターナビはTV機能、DVD再生、CD録音、音響チューニング、ハンズフリー通話など、全ての機能を兼ね備えたナビです。

▼9インチ プレミアム インターナビ

引用:https://www.honda.co.jp/navi/vxm-187vfni/

画面サイズはスタンダード インターナビなどと違って9インチにサイズアップされていて、大画面で操作しやすく、画面も見やすくなっています。

また、プレミアム インターナビはナビ本体にマイクが搭載されていて、スタンダード インターナビと違ってスマートフォンなしで音声認識機能が使えます

さらにプレミアム インターナビには、安全機能として高速道路逆走案内機能があって、高速で逆走の恐れがあるとナビ上に警告が表示されます。

他にもスタンダード インターナビ、プレミアム インターナビは毎年1回更新されるナビの地図情報を3回まで無償更新が可能で、車両購入から3年間は最新の地図状態を維持できます。

そして、ディーラーオプションで選べる各ナビは無料登録を行うことでHondaのインターナビ機能を使用可能で、メーカーオプション品と同じくインターナビ機能を利用して天候状況、防災情報の確認などを行えます。

ディーラーオプションのナビは各ナビによって搭載機能が違っていて、オプションとして装着する際には、自身が欲しい機能を持つナビを選択してフリードに搭載できます。

フリオフリオ

ディーラーオプションのナビは4つもあるけど、一部のナビはTV機能がないなどの機能に違いがあるんだな

フリード新型のナビには追加できるオプションもたくさん!

新型フリードのナビには、オプションとして様々な機能を追加できます。

例えば、ディーラーオプションナビ搭載車にリアワイドカメラシステムを装着するとナビとリアカメラの連動でリアカメラの映像がナビに表示され、バック駐車時の安全性アップなどが狙えます。

▼リアワイドカメラ例

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/security_support/rearwidecamerasystem/

さらにオプション品としてリア席モニターを購入するとセカンドシート手前の天井にリアモニターが配置され、セカンドシート、サードシートに座っている人がTV、DVDの映像などを楽しめます。

▼リアモニター

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/navi_audio_etc/rearseatmonitor/

また、ナビと連動するオプション品として、ドライブレコーダーも販売されており、プレミアム インターナビ、ベーシック インターナビで選べるドライブレコーダーは駐車時録画機能も付いています。

▼ドライブレコーダー

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/security_support/driverecorder/

そして、ナビと連動するETC車載器などもあって、高速を利用する機会が多い方はETCをセットしておくことでスムーズに高速走行を行えます。

▼ETC車載器

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/navi_audio_etc/etc/#etc2

新型フリードのカーナビは様々なオプションを付けてカスタムが可能で、ファミリーカーとして使うならリアモニター、駐車に不安があるならリアカメラなどのオプションを付けておくのも良いと思います。

フリコフリコ

オプションを追加するとナビに多くの機能を追加できるんだね

フリード新型で人気のナビは?

新型フリードにナビの搭載を考えている場合、どのようなナビが一番選ばれているのか気になる方も多いと思います。

純正のナビを選ぶ場合、新型フリードでは、「ベーシック インターナビ」、「9インチ プレミアム インターナビ」などが選ばれやすくなっています。

理由として、最低価格で買えるエントリー インターナビはTV機能、DVD再生機能がなく、ファミリーカーとして使う方はTV機能などを求めていることも多いので、価格を抑えて買うならベーシック インターナビが候補に入りやすくなります。

また、スタンダード インターナビはベーシック インターナビより機能が充実していますが、一部オプション品が非対応になっていて、高性能のナビを選ぶ場合は画面が大きく、機能が充実した9インチ プレミアム インターナビを選ぶ方がたくさんいます。

そして、新型フリードにナビを搭載する場合、社外製のナビを選択する方もいます。

社外製ナビを購入する場合、大体7インチサイズでリアカメラ機能が使えるナビを選ぶ方が多く、社外製ナビは純正ナビと比べて価格を抑えて搭載できる利点もあります。

ただ、社外製ナビは保証期間が短い品もあって、新型フリードの長期使用を考えている方は保証期間が長い純正ナビを搭載することも多くあります。

フリオフリオ

純正ナビを買うなら9インチプレミアムインターナビかベーシックインターナビあたりがいいみたいだな

フリード新型のカラーにはどんな種類がある?

新型フリードはModulo X以外のグレードに9色のボディーカラーが設定されていて、購入時に自身が好きなボディーカラーを選べます。

まず、新型フリードのボディーカラーを確認してみましょう。

▼ホワイトオーキッド・パール

▼ルナシルバー・メタリック

▼モダンスティール・メタリック

▼プレミアムスパークルブラック・パール

▼フォレストグリーン・パール

▼プレミアムクリスタルレッド・メタリック

▼ブルーホライゾン・メタリック

▼シトロンドロップ

▼コバルトブルー・パール

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

新型フリードは様々な車種で選ばれやすいホワイト、ブラック、シルバー系のカラーから、明るい色のシトロンドロップ、ブルーホライゾン・メタリックなどのカラーも用意されています。

フリードはファミリーカーとして使う方も多いので、かわいい色としてシトロンドロップなどのボディーカラーを選ぶ方もいて、自身が好きな色に近いカラーを選んで購入する方もいます。

ただ、新型フリードは最高グレードのModulo Xのみ「ホワイトオーキッド・パール」、「プレミアムスパークルブラック・パール」、「コバルトブルー・パール」の3色しか設定されておらず9色の中から選べるのはModulo X以外のグレードになります。

新型フリードは最大9色から好きなカラーを選んで購入できるので、購入を検討している際には、一度自身が気になるボディーカラーを確認してみるのがいいでしょう。

フリコフリコ

新型フリードは多くのグレードで9色の中からボディーカラーを選べるんだね

フリード新型の人気カラーは?

新型フリードは最大9色の中からカラーを選ぶことが可能で、購入の際は人気カラーを選んで購入する方もいると思います。

まず、新型フリードで購入されている方が多い人気カラーですが、口コミサイト、中古車販売サイトを確認すると「ホワイトオーキッド・パール」の車両が数多く確認できます。

フリードに限らず、ホワイト系の色はどの車種でも人気が高く、新型フリードもホワイトオーキッド・パールを選んで購入する方はたくさんいます。

他にも人気があるカラーとして、「プレミアムスパークルブラック・パール」、「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」などのカラーを選んでいる方も複数確認できました。

プレミアムスパークルブラック・パールはホワイトと同じく、他の車種でも人気があるカラーで、黒を基調にしているフリードなら高級感のある車を演出できます。

プレミアムクリスタルレッド・メタリックは明るいレッドが採用されたボディーカラーですが、落ち着いた色合いのボディーカラーになっていて、上品な感じが気に入っていると口コミサイトで感想を書かれている方もいます。

新型フリードはホワイト、ブラック、レッドなどのカラーが選ばれやすく、特にホワイト、ブラックは多くの方が選んでいて、新型フリードの中でも人気が高いボディーカラーになっています。

フリオフリオ

新型フリードはホワイト、ブラックなどのカラーが人気が高く、レッドの評価も悪くないみたいだな

フリード新型の口コミ、ナビ・カラーの人気まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/

新型フリードは口コミサイトなどで様々な情報が確認できる車種で、実際に乗っている方の感想等も確認できます。

実際に口コミサイトを確認してみると新型フリードは「ファミリーカーとして使いやすい」、「街中でも乗りやすい」などの感想が書かれていて、評価も高い車種になっているのがわかります。

ただ、一部不満点を挙げられている方もいて、特に多い不満として「エアコンが効きづらい」、「ガソリン車のエンジン音が大きい」、「ハイブリッド車値段が高め」などの報告が確認できました。

また、新型フリードはオプションとしてナビを搭載することが可能で、純正ナビには、メーカーオプション、ディーラーオプションから自身の用途に合うナビを選択し、装着することができます。

メーカーオプション、ディーラーオプション品のナビで使える機能が少し違っていますが、フリードのナビはオプション品を付けてナビ機能を拡張させることが可能で、ディーラーオプション品にリアカメラを付けて安全性能アップなども狙えます。

さらに新型フリードは最大9色のカラーからボディーカラーを選択できて、人気が高いホワイト、ブラックや明るい色のレッド、シトロンドロップなどから自身が好みの色を探せます。

新型フリードは口コミサイトで様々な感想、報告が寄せられていて、ナビ、ボディーカラーなども充実しており、購入後に満足している方の報告もたくさん確認できます。

今後、新型フリードの購入、ナビの搭載などを考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。