ホンダ・フリードは新車購入時、オプション品としてエアロ装備等が選択可能で、車のドレスアップを考えている方の中には、純正エアロを購入してフロント、リアの見た目変更を行う方もいます。

また、車両購入後に社外製のエアロを付けてカスタムを行う方も多く、社外製のカスタムパーツを選ぶ場合、「無限カスタム」などはフリードのカスタムとして人気があります。

今回は新型フリードの無限カスタムについての情報を紹介していきます。

フリオフリオ

今回は新型フリードの無限カスタムについて話だな
やっぱりミニバンでもカスタムは楽しまないとな!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

そもそも無限カスタムとは?

新型フリードを購入した方の中には、無限のカスタムパーツを購入し、エアロ装備への換装やインテリアのカスタムを行う方もいます。

無限カスタムとは、ホンダ社の車向けにカスタムパーツを販売している会社「無限」から販売されているカスタムパーツを使ったカスタマイズのことです。

カスタムパーツを扱う無限は新型フリード、ホンダ・CR-V、ホンダ・ヴェゼルなど向けに様々なカスタムパーツを販売していて、フリードについてもエアロパーツ、インテリア用のカスタムパーツなど、たくさんのカスタムパーツが登場しています。

基本的に無限カスタムは無限から販売されているエアロへの換装を行った場合などに呼ばれる名称となっていて、無限のエアロバンパー、サイドスポイラー、リアスポイラーのセットを付けた車両は無限カスタム車として紹介されています。

また、無限のカスタムパーツはエアロ以外にもたくさん登場していて、換装すると外装、内装のドレスアップを行うことが可能で、純正とは違う音を楽しめるカスタムマフラーなども販売されています。

新型フリード用の無限カスタムパーツは様々な物が用意されていて、無限カスタムを行うことで外装、内装ともに見た目の大幅変更を行えます。

フリコフリコ

ホンダの車には無限っていう会社からカスタムパーツがたくさん販売されていて、無限のパーツを使ってカスタムを行った車を無限カスタム車って言うんだねっ!

スポンサーリンク

フリード新型の無限カスタムの装備を詳しくチェック


引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/

新型フリードは無限から多くのカスタムパーツが販売されていて、カスタムパーツへの換装を行うことで外装、内装ともにドレスアップを楽しめます

外装

外装のカスタムパーツですが、無限からは「フロントグリル」、「エアロバンパー」、「サイドスポイラー」、「リアスポイラー」、「リアテールスポイラー」、「カスタムホイール」、「カスタムマフラー」などのパーツが登場しています。

フロントグリル

新型フリード向けの無限フロントグリルは2種類のタイプが販売されています。

▼無限Aタイプグリル

▼無限Bタイプグリル

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

Aタイプのグリルは標準デザインに似た形ですが、標準グリルの横線デザインが消えていて、グリル中心のロゴもホンダ社のロゴではなく、無限ロゴエンブレムに変わっています。

Bタイプのグリルは標準装備のグリルより大型化されたスポーツグリルで、Aタイプグリルと同じく中心に無限ロゴエンブレムが付いていて、換装することで迫力のあるフロントデザインの演出が狙えます

また、フロントグリルはAタイプ、Bタイプのどちらも未塗装とカラード仕上げが選択可能で、カラード仕上げを選ぶ場合、5色のカラーから好きな色を選択できます。

選択可能カラーはAタイプなら「ホワイトオーキッド・パール」、「モダンスティール・メタリック」、「プレミアムスパークルブラック・パール」、「クリスタルブラック・パール」、「コバルトブルー・パール」の5色で、自身の好きな色や車体のカラーに合わせて色を選べます。

Bタイプの場合は「ホワイトオーキッド・パール」、「ルナシルバー・メタリック」、「モダンスティール・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」、「コバルトブルー・パール」の5色が選択可能で、Aタイプと違ってルナシルバー・メタリックが選べるので、明るいシルバーが好きな方はBタイプを選んでみるのもいいと思います。

エアロバンパー

無限のエアロバンパーはグリルと同じく2種類のタイプが販売されていて、各タイプによって換装時のエアロの加工場所が変わります。

▼無限Aタイプエアロバンパー

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

Aタイプのエアロバンパーは標準バンパーの空気穴の下部分のみを加工して換装するカスタムバンパーで、標準バンパーと比べてワイドな印象を感じられるデザインが採用されています。

また、Aタイプバンパーは純正のフォグランプが付いていても換装可能で、バンパーのオプションとしてイルミネーションLEDを購入し、バンパーのサイド部分をホワイトのLEDで照らすことも可能です。

▼Aタイプバンパー エアロイルミネーション

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

BタイプのエアロバンパーはAタイプバンパーと違い、エアインテークの上部分から加工を行って換装するカスタムバンパーで、標準バンパーから大きくデザインが変わっています。

▼無限Bタイプエアロバンパー

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

Bタイプのエアロバンパーはエアインテークとフォグランプ部分が同色になっているので、フォグライト部分と合わせて横幅が広く感じられて、バンパー下部にフィンを付けることでスポーティなデザインを演出するカスタムバンパーになっています。

さらに各カスタムバンパーはカラード仕上げの場合、自身の好きな色を選択可能で、フリード本体の色と同じカラーを選ぶこともできます。

Aタイプバンパーは「ホワイトオーキッド・パール」、「ルナシルバー・メタリック」、「モダンスティール・メタリック」、「プレミアムスパークルブラック・パール」、「コバルトブルー・パール」の5色から好きな色を選べます。

BタイプバンパーはAタイプと比べて「プレミアムスパークルブラック・パール」を選択できませんが、新たに「クリスタルブラック・パール」、「ブルーホライゾン・メタリック」が選択可能で、「ホワイトオーキッド・パール」なども含めた6色の中から好みの色を選択できます。

無限のカスタムバンパーはAタイプ、Bタイプでデザインが大きく違っていて、純正から大きくイメージを変えたくないならAタイプ、Bタイプグリルと合わせて大幅な見た目変更を狙うならBタイプなど、装着後のイメージでタイプを選ぶことも可能です。

サイドスポイラー

サイドスポイラーはボディサイドの下部に装着を行うパーツで、装着を行うと正面、横などから見た際の見た目変更が狙えます。

▼無限サイドスポイラー

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

無限のサイドスポイラーはスライドドアの乗り降りも考慮したデザインが採用されていて、全7色から好きな色のカラード仕上げを選べます。

サイドスポイラーは装着するとボディサイドの見た目変更に使えるので、サイドスポイラーを付けて外装のドレスアップを楽しむのもいいでしょう。

リアスポイラー

リアスポイラーはテールゲート上部に装着するパーツで、装着すると横や後ろから見たフリードの印象が変わります。

▼無限リアスポイラー

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

無限のリアスポイラーは左右に分かれたデザインが採用されていて、換装しても標準装備のテールゲートランプの邪魔にならず、リアの見た目変更が狙えます。

また、サイドスポイラーと同じくカラード仕上げなら全7色から色を選べるので、自身の好きな色を選択し、テールゲート上部のカスタムを楽しめます。

リアテールスポイラー

リアテールスポイラーは標準のリアバンパーの下部に装着するカスタムパーツです。

▼無限リアテールスポイラー

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/index.html

無限のリアテールスポイラーは薄型フィンを使った凹凸のあるスポーツデザインが採用されていて、標準装備よりリアが大型化し、迫力あるリア部分の演出に使えます。

さらに全7色から色を選択可能で、本体と同じカラーを選択したり、テールスポイラー部分のみ色を変えて見た目変更を楽しむことも可能です。

カスタムホイール

カスタムホイールは純正のオプション品や様々なカスタムパーツメーカーから販売されているカスタムパーツですが、無限からも新型フリード用のカスタムホイールが販売されています。

▼無限カスタムホイール

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/03.html

無限のカスタムホイールは太い2本のスポークが中心から端まで伸びるデザインが採用されていて、ホイールのインチサイズは16インチと標準装備のホイールサイズより1インチ大きくなっています。

換装には専用のホイールナットが必要になりますが、無限のカスタムホイールはサイドの見た目変更、インチアップにも使えるので、ホイールのインチアップを考えているなら無限カスタムホイールを換装候補に入れてみるのもおすすめです。

カスタムマフラー

無限のカスタムパーツの中には、フリード用のカスタムマフラーも登場しています。

▼無限カスタムマフラー

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/03.html

カスタムマフラーは駆動方式がFFのフリードにのみ装着可能で、換装することで標準マフラーと違った音を楽しめます。

また、標準バンパーを装着した状態でも換装が可能で、無限のリアアンダースポイラーを選んだ場合もカスタムマフラーを装着し、リア部分の見た目変更が狙えます。

内装

無限のカスタムパーツには、内装用のパーツも複数販売されていて、換装することで内装のドレスアップを行えます。

外装に比べて内装のカスタムパーツは多くはありませんが、「エンジンスイッチ」、「シフトノブ」、「ルームミラーカバー」、「フロアマット」などのパーツが用意されていて、細かい部分のカスタムも楽しめるようになっています。

エンジンスイッチ

新型フリード向けに無限からエンジスイッチ用のカスタムパーツが販売されています。

▼ガソリン車 無限エンジンスイッチ

▼ハイブリッド車 無限エンジンスイッチ

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/05.html

無限のエンジンスイッチは赤色と黒の2色を使ったデザインが採用されていて、スイッチの中心部には無限のロゴも入っています。

エンジンスイッチは車に乗る際に必ず使用するので、内装のカスタムを楽しむならスイッチの換装を行ってカスタムデザインのスイッチを採用してみるのもいいと思います。

シフトノブ

新型フリードのハイブリッド車には、標準のシフトノブを換装して装着できるカスタムシフトノブが無限から販売されています。

▼無限シフトノブ

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/05.html

無限のシフトノブは球形デザインが採用されていて、標準装備より握りやすく、操作性の向上が図られています

標準装備のシフトノブより球形型のノブの方が好みの場合、無限のシフトノブへ変更し、内装のドレスアップに役立ててみるのもいいと思います。

ルームミラーカバー

内装のカスタムパーツの1つとして、フロントガラスに装着されているルームミラー用のカバーも無限から販売されています。

▼無限ミラーカバー(Honda SENSING搭載車向け)

▼無限ミラーカバー(Honda SENSING未搭載車向けメッキ仕上げ)

▼無限ミラーカバー(Honda SENSING未搭載車向けカラード仕上げ)

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/05.html

Honda SENSING搭載車向けのミラーカバーはカーボン素材を使用したカバーで、換装するとスポーツ車に採用されているような迫力あるデザインのカバーへ変更できます。

Honda SENSING未搭載車向けのミラーカバーはメッキ仕上げとカラード仕上げの2種類が用意されていて、メッキ仕上げは外から見てもシルバーに輝く、キレイなメッキ加工が施されています。

カラード仕上げのカバーはホワイト、シルバーの2色から選択可能で、カバーカラーを自身の好きな色に選択し、内装のカスタムを行えます。

ミラーカバーは外側からも見える内装カスタム箇所なので、車のカスタムを行うならミラーカバーも変更し、外から見た内部の印象変更に役立ててみるのもいいでしょう。

フロアマット

カスタムパーツを扱う無限からは車の足元に敷いておくフロアマットも販売されています。

▼無限フロアマット

引用:http://www.mugen-power.com/automobile/products/FREED/parts/04.html

無限のフロアマットは運転席、助手席だけではなく、セカンドシート、サードシート用のマットも付いていて、一部に無限ロゴのメタルプレートも付いています。

また、運転席には摩耗抑止のヒールパッドも付いていて、耐久性が高く、高級感のあるフロアマットになっています。

フロアマットは様々なショップでも販売されていますが、無限のフロアマットはフリード専用に設計されていて、6人乗り、7人乗りの各モデル用のマットもあるので、フロアマットを敷く際は無限のマットを購入して敷いてみるのもおすすめです。

フリオフリオ

新型フリードは無限のカスタムパーツだけでも外装、内装に様々なカスタムが可能で、特に外装はエアロやグリルで大きく見た目を変えられるんだな!

スポンサーリンク

フリード新型の無限カスタム、価格はどれくらいになる?

新型フリードで無限のエアロカスタムを行う場合、エアロ換装にかかる費用が気になる方も多いと思います。

まず、エアロパーツへの換装に関してですが、無限のエアロAタイプとBタイプの2種類が用意されていて、どちらを選ぶかによって価格が違います。

Aタイプエアロセットで買う場合、カラード仕上げなら「179,280円」、未塗装なら「160,920円」でバンパー、サイドスポイラー、リアスポイラーのセットが購入できます。

フロントグリルはセットに入っていないので、エアロに合わせてAタイプグリルを装着する場合はカラード仕上げなら「56,160円」、未塗装なら「46,440円」の追加費用が必要になります。

次にBタイプエアロへの換装を行う場合ですが、Bタイプエアロはセットで買うとカラード仕上げなら「181,440円」、未塗装なら「163,080円」でAタイプと同じバンパー、サイドスポイラー、リアスポイラーのエアロセットが購入できます。

Bタイプのエアロセットもフロントグリルは含まれていないので、グリルも追加換装する場合、カラード仕上げなら「64,800円」、未塗装なら「55,080円」も追加で必要になります。

AタイプとBタイプのエアロセットは2500円ほどしか価格が変わりませんが、AタイプとBタイプでは、バンパーのデザインが大きく違っていて、グリルも変更するとフロントは標準装備と比べてデザインを変えられます。

無限カスタムはAタイプ、Bタイプともに18万円ほどでエアロセットが購入できるので、フロント、リアのデザイン変更を狙うなら購入を考えてみてもいいでしょう。

フリコフリコ

無限エアロに換装する場合、大体18万円ぐらいでエアロセットの購入が狙えるんだね!

フリード新型の無限カスタムは中古でも手に入る?

新型フリードは中古車市場に複数の車両が流れていますが、その中には無限カスタム装備の中古車も確認できます。

まず、中古車市場で確認できた新型フリードの無限カスタム車をピックアップしてみます。

※スマホの方は横画面推奨

車種名 年式 エンジン種類 ボディーカラー カスタム内容 走行距離 価格
フリードG

Honda SENSING

新車未登録 1.5Lガソリン ホワイトオーキッド・パール 無限Bタイプエアロ

無限Bタイプグリル

無限リアアンダースポイラー

245.8万
フリードG

Honda SENSING

新車未登録 1.5Lガソリン ホワイトオーキッド・パール 無限Bタイプエアロ

無限Bタイプグリル

無限リアアンダースポイラー

無限カスタムホイール

253.9万
フリードG

Honda SENSING

新車未登録 1.5Lガソリン プレミアムスパークルブラック・パール 無限Bタイプエアロ

無限Bタイプグリル

無限リアアンダースポイラー

258.4万

 

中古車市場に流れている新型フリードの無限カスタム車は新車未登録車ばかりで、カスタム内容はBタイプエアロ、グリル等を装備した車両が多くなっていました。

価格は大体「245~260万」ほどで販売されていて、標準装備の新車より約35~50万ほど高いですが、無限カスタム以外にも純正のオプション品なども付いているので、自身でカスタムして購入した際と大きな価格差はないと思われます。

新型フリードの無限カスタム車は中古車市場で少しなら流れているので、フリードの新車購入を狙うなら無限カスタムの新車未登録車を候補に入れてみるのもいいと思います。

フリオフリオ

新型フリードの無限カスタム車は新車未登録の車が中古車市場に流れていて、大体245万ぐらいから購入が狙えるみたいだなぁ

フリード新型のカスタムカーにはどんなものがある?

新型フリードは無限カスタム以外にも様々なカスタムパーツを使ったカスタムカーが登場しています。

まず、新型フリードのカスタムカーとして多い車両として、純正のエアロパーツを使ったカスタム車が挙げられます。

▼純正エアロカスタムカー

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/

新型フリードはホンダの純正オプションとして、「エアロバンパー」、「カスタムグリル」、「テールゲートスポイラー」、「アルミホイール」などが販売されていて、各パーツを装着することで標準装備から大幅に見た目を変更できます。

▼純正エアロバンパー

▼純正カスタムグリル

▼純正テールゲートスポイラー

▼純正アルミホイール

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/exterior/

純正のエアロ装備は新車購入時にオプションとして選択可能で、デザインの評価も高いので、新型フリード購入時に換装を行う方も多くなっています。

他にも新型フリードには、カスタムパーツメーカー「M’s SPEED」から販売されているゼウスエアロへ換装し、車のドレスアップを楽しむ方もいます。

▼ゼウスエアロカスタムカー

引用:https://www.mzspeed.co.jp/products/body-kit/catalog/257

ゼウスエアロはフロントグリルの下部デザインが大幅に変わっていて、特にフォグランプ部分、バンパー下部などは凹凸が激しい迫力のあるデザインが採用されています。

▼ゼウスエアロ

引用:https://www.mzspeed.co.jp/products/body-kit/catalog/257

他にもM’s SPEEDからは「フロントグリル」、「リアスポイラー」、「リアアンダースポイラー」などのカスタムパーツも登場していて、エアロパーツと合わせて装着すると外装の大幅見た目変更が狙えます。

▼ゼウスフロントグリル

▼ゼウスリアスポイラー

▼ゼウスアンダースポイラー

引用:https://www.mzspeed.co.jp/products/body-kit/catalog/257

新型フリードは無限カスタムだけではなく、純正オプションやゼウスカスタムパーツなどを使ってカスタムを楽しむことが可能で、自身の好みでカスタムパーツを組み合わせて外装のドレスアップを行うこともできます。

フリコフリコ

新型フリードは無限カスタムだけじゃなく、純正オプションやゼウスパーツでカスタムが可能で、純正と無限パーツなどを組み合わせてカスタマイズを楽しむ人もいるみたいだねっ!

フリード新型の無限カスタム・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/

新型フリードは無限のカスタムパーツを装着することで外装、内装ともに様々なカスタムを行えます。

外装の場合はフロント、リアをエアロ装備に換装して見た目を大幅に変更することが可能で、エアロ装備に合わせてグリル、ホイール等の換装も行い、外装のドレスアップを楽しめます。

内装も無限のカスタムパーツを使うとエンジンスイッチからルームミラーカバーなどが換装可能で、外から見えづらい細かい部分も無限のカスタムパーツを使って変更できます。

また、新型フリードの無限カスタム車は中古車市場にも出回っていて、中古車市場では、新車未登録の無限カスタム車が245万円ほどから購入が狙えます。

さらに新型フリードのカスタムを考えている場合、無限カスタム以外にも純正エアロ、ゼウスエアロなどを使ったカスタムも可能で、純正、無限などから自身が気に入ったデザインのパーツを組み合わせてカスタムを楽しむことも可能です。

新型フリードは無限カスタムだけではなく、純正のカスタムパーツやゼウスカスタムパーツなど、様々なカスタムパーツが登場しているので、外装のドレスアップを考えている際には、各カスタムパーツのデザインなどを確認し、換装を考えてみるのもおすすめです。

今後、新型フリードの無限カスタムなどを考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。