ホンダ・フリードは2008年にホンダ・モビリオの後継車として登場した車種で、2016年には初代モデルから2代目モデルへのフルモデルチェンジも行われています。

さらに2016年に登場した2代目モデルはマイナーチェンジの時期も決まっていて、マイナーチェンジが実施されることで、現行モデルから様々な変更が加えられる可能性が高くなっています。

今回は新型フリードのマイナーチェンジについての情報を紹介していきます。

フリコフリコ

今回は新型フリードで実施されるマイナーチェンジについての話だよっ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリード新型、マイナーチェンジはいつ?

ホンダ・フリードは2016年に初めてのフルモデルチェンジが実施されていて、2018年現在はフルモデルチェンジで登場した2代目モデルが現行で販売されています。

しかし、2代目モデルは2018年現在すでにマイナーチェンジが行われることが決まっていて、一部改良が行われる点の情報も出始めています。

まず、新型フリードのマイナーチェンジが行われる時期ですが、新型フリードのマイナーチェンジは「2019年」に行われることが決まっていて、2018年8月現在は詳細な時期までは発表されていません。

ただ、新型フリードのマイナーチェンジは2019年の中頃以降に行われると予想されていて、特に9月以降に実施される可能性が高いと言われています。

新型フリードはマイナーチェンジで様々な改良が行われる可能性が高いので、2019年のマイナーチェンジは多くの方が期待を寄せています。

フリオフリオ

フリードは2019年にマイナーチェンジが決定しているんだな。
詳細は今後の情報に期待だな!

スポンサーリンク

フリード新型、マイナーチェンジでどう変わる?

新型フリードは2019年にマイナーチェンジが行われることが決まっていますが、マイナーチェンジで行われる改良、変更が気になっている方も多いと思います。

新型フリードがマイナーチェンジで変更される点として、「デザインの変更」、「ターボエンジン採用モデルの登場」、「安全性能の強化」、「価格の変更」などがあります。

最初にデザイン変更に関してですが、新型フリードは2019年のマイナーチェンジで一部デザインの変更が予定されています。

現在詳細な情報はありませんが、おそらくグリル、ヘッドライト、バンパーなどのフロントデザイン、テールライト部分のデザイン変更などが行われる可能性が高くなっています。

また、内装に関しても一部デザインが変更される可能性があって、デザインがどのように変更されるかはホンダ社からの発表が待たれる状態となっています。

次にターボエンジン採用モデルの登場ですが、現行モデルのフリードには、1.5Lガソリンと1.5Lハイブリッドエンジンを搭載したモデルが販売されています。

今回のマイナーチェンジでは、新たに1.0Lガソリンターボエンジンを搭載したモデルが登場する予定で、ガソリンターボエンジンはガソリンエンジンに比べてパワーの向上が期待できます

さらに現行で販売されているハイブリッドエンジン車も改良が行われるという噂もあって、ハイブリッド車も改良によって燃費の向上、性能アップが図られる可能性があります。

そして、安全機能の強化についてですが、現行の2代目フリードは一部モデルに「Honda SENSING」という安全運転支援システムが搭載されています。

マイナーチェンジが行われるとHonda SENSINGが全モデルに搭載される可能性が高く、現在はHonda SENSINGが搭載されていないベースグレードの「フリードB」などの安全性能強化が期待できます。

ただ、新型フリードはマイナーチェンジが行われると新車価格が変更になると予想されていて、現状より価格が上がる可能性が高くなっています。

しかし、価格変更は上がっても10万以下ほどで抑えられると言われていて、ベースグレードのフリードBなら新車価格は200万以下のままになる可能性もあります。

フリードはマイナーチェンジでデザイン変更、新たなエンジンモデルの追加、安全性能の強化などが予定されていて、2018年8月現在は詳細な発表はありませんが、今後ホンダ社から発表される新情報には期待している方も多くなっています。

フリコフリコ

マイナーチェンジが行われると新しくガソリンターボエンジン車が登場して、全グレードの安全性能強化も行われるんだねっ!

スポンサーリンク

フリード新型、購入するならマイナーチェンジを待った方がいい?

2018年現在販売されている新型フリードは2019年にマイナーチェンジを控えていて、これから新型フリードの新車購入を考えている方はマイナーチェンジを待つべきか悩むこともあると思います。

まず、マイナーチェンジを待った場合の利点ですが、フリードはマイナーチェンジが行われると安全装置のHonda SENSINGが全車に標準搭載される可能性が高く、現行モデルより安全性能が高い車の購入が狙えます。

また、新たなエンジンの追加、現行エンジンの改良も行われる可能性が高いので、マイナーチェンジ後モデルのほうが燃費が良く、年間のガソリン費用ダウンが狙える可能性があります。

ただ、マイナーチェンジ後モデルを待つ欠点として、マイナーチェンジ後のモデルを狙うなら最低でも予約購入が開始されるまで新車購入を待つ必要があります。

その為、新車購入まで時間がかかるので、早く新車を買いたい場合には、現行モデルや別車種が候補に入ります。

次にマイナーチェンジ前に現行モデルのフリードを買う場合の利点ですが、マイナーチェンジが行われる予定がある車種は値引き交渉がしやすく、時には高額値引きが期待できる場合もあります。

フリードは2019年にマイナーチェンジが決まっているので、2018年末から2019年のマイナーチェンジ前までなら値引き交渉がしやすく、購入価格から25万以上の値引きも期待できます。

マイナーチェンジ前にフリードを買う場合、時期次第では値引き交渉がしやすい利点があるので、少しでも価格を抑えてフリードの購入を狙うなら、マイナーチェンジ前に現行モデルの購入を考えてみるのも良いと思います。

フリオフリオ

新モデルにこだわらないならマイナーチェンジ前に現行モデルを買うことで購入価格を大きく抑えられそうだなぁ

フリード新型のマイナーチェンジが中古車市場に与える影響は?

2代目フリードのマイナーチェンジが行われた場合、現在中古車市場に流れているフリードの価格にも影響が出るとみられています。

まず、一番価格に影響が出るモデルとして、現行販売されている2代目前期フリードの中古車価格が大きく変化する可能性があります。

2代目フリードの中古車は現在新車より20~30万ほど低い価格で販売されている中古車が多めですが、マイナーチェンジが行われると価格が下落する可能性が高くなっています。

マイナーチェンジ後すぐに価格が大きく下がるわけではありませんが、マイナーチェンジ後から1年以上経つと価格が30万以上ダウンする可能性もあって、2代目前期モデルの中古車が求めやすくなります。

次に価格に影響が出るモデルとして、初代後期モデルの中古車も価格が下がる可能性があります。

初代の後期モデルは2018年現在100万以上の価格で販売されている中古車が多く、状態が良い中古車なら150万を超えている車両も多数あります。

マイナーチェンジが実施されると初代後期モデルも中古車価格が下落する可能性があって、良状態の中古車でも130万ほどで購入が狙える可能性が出てきます。

新型フリードはマイナーチェンジが行われると2代目の前期モデル、初代の後期モデルの価格が大きく下がる可能性があって、中古車でフリード購入を考えている方はマイナーチェンジを待ってから中古車購入を考えてみるのもおすすめです。

フリコフリコ

マイナーチェンジが行われると2代目前期、初代後期の中古車価格が落ちる可能性があるんだね~
中古車を買う場合はマイナーチェンジを待ったほうがいいかも?

フリード新型マイナーチェンジ・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

2016年から登場している2代目フリードは2019年にマイナーチェンジが実施される予定で、マイナーチェンジが行われると様々な変更、改良が図られる可能性が高くなっています。

特にターボエンジンの追加、安全性能の強化などは多くの方が期待していて、現行のハイブリッドエンジンもマイナーチェンジ実施の時に改良される可能性があります。

ただ、フリードはマイナーチェンジが行われると新車価格が上がる可能性が高く、低価格で新車購入を狙うならマイナーチェンジ前に現行モデルの値引き交渉を行って、価格を抑えてフリードの購入を狙うのがおすすめです。

また、マイナーチェンジが行われると2代目前期モデル、初代後期モデルの中古車価格も下がる可能性があって、新車にこだわらないなら、中古車を狙うことで価格を抑えてフリードの購入が狙えます。

今後、新型フリードの購入を考えていて、マイナーチェンジ後のモデルにも興味がある方は今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。