2016年のフルモデルチェンジ以降に登場した新型フリードはガソリン車なら新車価格が200万円を切っていて、ハイブリッド車でもベースグレードモデルなら225万ほどから購入可能と価格を抑えて購入が狙えます。

フリードは低価格で買えるのも利点ですが、全9色の中からボディーカラーを選択可能で、車の色にこだわりがある方でも好きなカラーを探しやすくなっています。

今回は新型フリードの色についての情報を紹介していきます。

フリオフリオ

今回は新型フリードのボディーカラーについての話だ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリード新型の色にはどんなものがある?画像見本でチェック!

2016年から登場した新型フリードはModuloX以外のグレードの場合、全9色の中からボディーカラーを選択可能で、自身の好きな色を選んでフリードを購入できます。

まず、新型フリードで選択可能な全9色のボディーカラーを画像で確認してみましょう。

▼ホワイトオーキッド・パール

▼ルナシルバー・メタリック

▼モダンスティール・メタリック

▼プレミアムスパークルブラック・パール

▼フォレストグリーン・パール

▼プレミアムクリスタルレッド・メタリック

▼ブルーホライゾン・メタリック

▼シトロンドロップ

▼コバルトブルー・パール

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

新型フリードは多くの車種で採用されているホワイト、ブラック、シルバーや明るいイエロー、ブルーなどのカラーまで用意されています。

定番カラー以外にも濃いグリーンの「フォレストグリーン・パール」や明るいレッドの「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」などもあって、様々な方の好みに答えられるラインナップが揃っています。

ただ、フリードはカラーがかなり多い車種なので、各色で人気が偏っていて、一部のカラーは人気が低く、購入時に選ばれにくいカラーなどもあります。

フリコフリコ

新型フリードには9色もボディーカラーがあって、自分の好みの色を選びやすくなっているんだね~

スポンサーリンク

フリード新型の色はどれが人気?

新型フリードは全9色のボディーカラーが用意されていて、各色によって人気が分かれています。

まず、新型フリードの中で人気が高いカラーですが、一番人気があるのは「ホワイトオーキッド・パール」です。

フリードに限らず、白系のカラーはどの車種でも人気が高く、新型フリードもホワイトオーキッド・パールは多くの方から高い評価を得ています。

次にホワイトに次ぐ人気のあるカラーとして、「プレミアムスパークルブラック・パール」と「ブルーホライゾン・メタリック」の2色が挙げられます。

プレミアムスパークルブラック・パールは高級感がある黒基調のカラーで、黒は白と同じく他の車種でも人気が高く、フリードに関してもプレミアムスパークルブラック・パールを選ぶ方は多くなっています。

ブルーホライゾン・メタリックは水色に近い明るいブルーのカラーで、ファミリカーとして使う方から人気があって、女性からの支持が高いカラーになっています。

また、「ルナシルバー・メタリック」、「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」なども選んでいる方は多めで、ブラック、ホワイトには勝てませんが、一部の方からは高い評価を得ています。

しかし、「フォレストグリーン・パール」、「シトロンドロップ」は新型フリードの中で選んでいる方が少なくなっています。

フォレストグリーンパールは濃いグリーンのカラーで、グリーンがかなり濃く、黒に近い色になっているからか、グリーンを選ばずに黒を選ぶ方もいます。

シトロンドロップはかなり明るいイエロー基調のカラーで、明るい色を好む若い方などには人気がありますが、落ち着いた色が好きな方の候補から外れやすく、他の色に比べて人気が低くなっています。

新型フリードは9色もボディーカラーがありますが、各色によって評価が分かれていて、一部人気が低いカラーもあるので、リセールなどを意識する際は注意が必要です。

フリオフリオ

ホワイト、ブラックなどのカラーは人気があるが、グリーン、イエローなどの一部は新型フリードのカラーの中でも人気が低いのか。

スポンサーリンク

フリード新型の色、それぞれの特徴は?

新型フリードは各色によって様々な特徴があって、汚れやキズが目立ちやすいカラーもあります。

その為、一部カラーを避けて新車購入を行う方もいて、新型フリードを購入するなら各色の特徴を事前に把握しておくのがおすすめされています。

ホワイトオーキッド・パールの特徴

ホワイトオーキッド・パールは他の車種でも人気が高いホワイトを基調にしたカラーです。

ホワイト系のカラーなので、外から見ると通常より大きく感じたり、上品な印象を持つ方も多く、様々な年齢層の方から評価の高い色になっています。

また、ホワイトオーキッド・パールは買取価格が高くなりやすい色で、後々フリードを手放す場合も他の色に比べて高額買取が期待できます

しかし、ホワイト系のカラーは水垢などが目立ちやすいという欠点があって、水洗いの際に水滴をしっかり拭いておかないと汚れが目立つ原因になります。

ホワイトオーキッド・パールはシンプルながら評価も高い色ですが、水垢が目立ちやすいので、洗車を行う際はしっかりと水切りを行って汚れに気を配るのがいいでしょう。

ルナシルバー・メタリックの特徴

ルナシルバー・メタリックは少し色が暗いシルバーを基調にしたカラーです。

シルバーは他の車種でも白、黒などに次いで人気があるカラーで、フリードのルナシルバー・メタリックは色合いが明るすぎず、上品なイメージが持てると口コミサイト等での評価も確認できます。

また、シルバー配色の車は傷、汚れがあまり目立たないので、洗車回数を減らす目的でシルバーを選ぶ方もいます。

ただ、シルバーの車は年配の方が乗っているイメージを持っている方も多く、若い方はシルバーを避けてボディーカラーを選択する場合もあります。

ルナシルバー・メタリックは年配者が乗るイメージを持つ方も多いシルバー配色のカラーですが、傷、汚れが目立ちにくいという利点もあるので、洗車機会を減らしたいならルナシルバー・メタリックを選んでみるのもいいと思います。

モダンスティール・メタリックの特徴

モダンスティール・メタリックはルナシルバー・メタリックよりさらに色が暗いシルバーを基調にしたカラーです。

ルナシルバー・メタリックと比べて暗いシルバーなので、落ち着いた雰囲気があって、渋みがある色がカッコイイと評価している方も多く、特に男性からの評価が高いカラーになっています。

また、シルバーの配色なので、汚れが目立ちにくく、洗車機会が少なくても乗りやすいという利点もあります。

ただ、モダンスティール・メタリックはルナシルバー・メタリックに比べて色合いが暗いので、車体の傷が少し目立ちやすいという欠点もあります。

モダンスティール・メタリックを選ぶ場合、汚れを気にする必要はあまりありませんが、車体の傷は目立つ可能性があるので、傷が付いてしまったら素早い補修を行うのがいいでしょう。

プレミアムスパークルブラック・パールの特徴

プレミアムスパークルブラック・パールはホワイトと同じく、様々な車種で人気が高いブラックを基調にしたカラーです。

ブラック系のカラーですが、暗すぎる配色ではなく、高級感があって、男女のどちらでも乗りやすいカラーとして新型フリードの中でも人気があります。

また、ホワイト系のカラーと同じく、ブラックは買取時に高価買取が狙いやすいカラーとなっていて、新型フリードを後々売る場合には、プレミアムスパークルブラック・パールを選んでおくと高い価格での買取が期待できます。

しかし、プレミアムスパークルブラック・パールの欠点として、黒配色の車は汚れ、傷が目立ちやすくこまめな洗車、傷の補修などの手入れが必要になる、という点があります。

プレミアムスパークルブラック・パールは傷、汚れが目立ちやすい欠点はありますが、高級感があって迫力のあるカラーとして人気も高いので、洗車などの手入れが苦にならないなら選んでみるのもいいと思います。

フォレストグリーン・パールの特徴

フォレストグリーン・パールは暗いグリーンを基調にしたカラーです。

かなり暗いグリーンなので、夜だとブラックに見間違える配色になっていますが、明るい時ならグリーンに見えるなど、光の当たり方次第で様々な色が楽しめると評価されています。

ただ、ブラックに近いカラーなので、汚れ、傷が目立ちやすい欠点があって、汚れを気にするなら定期的に洗車を行って車体をキレイにしておく必要があります。

フォレストグリーン・パールは汚れが目立ちやすいカラーですが、光の当たり方で色合いの変化が楽しめる色となっていて、グリーン系のカラーが好みなら、選んでみるのもおすすめです。

プレミアムクリスタルレッド・メタリックの特徴

プレミアムクリスタルレッド・メタリックは明るいレッドを基調にしたカラーです。

レッド系のカラーは派手なイメージを持つ方も多いですが、プレミアムクリスタルレッド・メタリックは明るすぎず、落ち着いた雰囲気の色になっていて、華やかで上品に見えると口コミサイトで評価をしている方もいます。

しかし、レッド系カラーの欠点として、赤色の車は色あせしやすいと言われていて、紫外線を浴びる場所で車を保管していると塗装が劣化していく可能性があります。

プレミアムクリスタルレッド・メタリックを選ぶ場合には、屋根付きの車庫で保管したり、ワックス、洗車などの手入れを行ってボディーの塗装維持を意識するのがいいでしょう。

ブルーホライゾン・メタリックの特徴

ブルーホライゾン・メタリックは明るいブルーを基調にしたカラーです。

イメージ的には水色に近いカラーとなっていて、フリードをファミリーカーとして利用する方から高い人気を誇っています。

また、明るい色が好みの方からの人気も高く、派手すぎない配色になっているので、女性ドライバーからオシャレでいいという感想も挙がっています。

ただ、ブルーホライゾン・メタリックは若い方からの人気はありますが、年配の方からの評価が低めで、年齢層によって評価が分かれるカラーになっています。

ブルーホライゾン・メタリックは明るい配色が好みの方には人気があるカラーの1つなので、新型フリードでオシャレなカラーを選びたい際には、ブルーホライゾン・メタリックを選んでみるのもおすすめです。

シトロンドロップの特徴

シトロンドロップは明るいイエローを基調にしたカラーです。

新型フリードの中ではかなり明るい配色になっていますが、色合いがやさしく、落ち着いているので、女性の方から人気がある色の1つになっています。

シトロンドロップの欠点として、黄色配色の車は埃汚れが目立ちやすく、車体をキレイな状態に保つならこまめな洗車が必要な点があります。

しかし、シトロンドロップは明るく気分が楽しくなる色として評価が高いので、明るいカラーの車を選ぶなら、シトロンドロップを候補に入れてみるのもいいと思います。

コバルトブルー・パールの特徴

コバルトブルー・パールは濃いブルーを基調にしたカラーです。

ブルーホライゾン・メタリックと比べて濃いブルーが採用されていますが、ブルーが濃すぎず、爽やかな印象を持てると男性からの人気が高くなっています。

特に若い男性からの人気は高めで、ドライブを楽しめる色として新型フリードでコバルトブルー・パールを選ぶ方もいます。

ただ、爽やかな印象があるからか、年配の方からの人気は低くキズが付くと目立ちやすいので、キズを気にする方は別のカラーを選ぶこともあります。

コバルトブルー・パールはキズが目立ちやすいなどの欠点もありますが、爽やかな印象を持てるキレイなブルーのカラーなので、青系の色が好みなら選んでみるのもおすすめです。

フリコフリコ

新型フリードの各色は明るい、キレイ、爽やかとかの特徴があるけど、各色でキズ、汚れが目立ちやすいなどの欠点もあるんだね~

フリード新型の色、タイプ別オススメ色はこれ!

新型フリードの色を決める場合、「傷が目立たない色」、「高級感がある色」、「明るい色」などのタイプで色を考える方もいます。

キズが目立たない色

まず、傷が目立たない色を選ぶ場合、候補として入るのは「ホワイトオーキッド・パール」、「ルナシルバー・メタリック」が挙げられます。

ホワイト、シルバーがおすすめの理由として、ホワイト系、シルバー系の色は車体に傷があってもあまり目立たず、小さい傷なら近くで見ない限りほとんどわからないという点があげられます。

また、ホワイト、シルバーは傷だけではなく、汚れも目立ちにくいので、洗車が面倒と感じる方はホワイト、シルバーを選んでおくと洗車回数を減らすこともできます。

新型フリードを購入を考えていて、車体の傷や汚れが気になりやすい方はホワイトオーキッド・パール、ルナシルバー・メタリックなどの傷、汚れが目立ち辛い色を選んでみるのがいいでしょう。

高級感がある色

次に高級感がある色を選ぶ場合ですが、高級感を求めるなら候補として「プレミアムスパークルブラック・パール」、「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」などが挙げられます。

ブラック系のカラーは他の車種でも高級感がある色として選ばれやすく、新型フリードのプレミアムスパークルブラック・パールもシンプルながら高級感を感じられる色として評価が高くなっています。

また、プレミアムクリスタルレッド・メタリックは明るすぎず、落ち着いた印象を持てる赤色として人気があって、上品に見えると評価も高く、高級感を求めるなら候補に入れてみるのもいいと思います。

フリードらしい明るい色

そして、明るい色を求めている場合には、「シトロンドロップ」、「ブルーホライゾン・メタリック」を候補に入れてみるのがいいでしょう。

シトロンドロップは明るい黄色、ブルーホライゾン・メタリックは明るい青が基調のカラーで、若い方から人気があります。

乗っていて気分が明るくなる、色がオシャレなど、他の色ではあまり見られない評価も受けているカラーなので、明るい色の車が好みなら、シトロンドロップ、ブルーホライゾン・メタリックを選んでみるのもおすすめです。

フリオフリオ

キズ、汚れが気になるなら白、シルバー、高級感を求めるなら黒、赤など、自分の気になるタイプで色を決めてみるのも面白いかもな

フリード新型の色・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/

新型フリードは最大9色の中からボディーカラーを選択可能で、各色によって様々な特徴があります。

例えば、

・ホワイト、シルバーはキズ、汚れが目立ちにくく、洗車回数を抑えられる。
・ブラック、レッドは落ち着いていて、高級感を感じられる。
・イエロー、ブルーは色が明るく、気分が楽しくなる。

など、各色によって様々な利点、特徴が確認できます。

また、新型フリードは各色で人気が分かれていて、ホワイト、ブラックなどは人気が高く、グリーン、シトロンドロップは少し人気が低くなっていました。

しかし、明るい色を好む方はシトロンドロップ、落ち着いた色を好む方はグリーンを選ぶこともあって、口コミサイトでは人気が低めのカラーを選んで購入している方も複数確認できます。

新型フリードはModuloX以外のグレードで9色のカラーから好きな色を選べるので、購入を検討している際には、自身の好きな色を候補に入れて、実車で色合いを確認してから購入を検討してみるのもいいでしょう。

今後、新型フリードの新車購入を考えている方は、今回の記事の内容を色選びの参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。