ホンダ・フリードはガソリンエンジン車、ハイブリッドエンジン車の2タイプが登場していて、各エンジンタイプによって出力、燃費等の性能が違っています。

さらに新型フリードはマイナーチェンジでターボエンジンが搭載される予定で、今後のエンジン性能アップにも期待が寄せられています。

今回は新型フリードに搭載される予定のターボエンジンの情報等について紹介していきます。

フリコフリコ

今回はマイナーチェンジ後に登場する予定のターボエンジン車についての話だよっ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリード新型にターボが登場する!?


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/performance/driving/

ホンダ・フリードは2016年に初代モデルのフルモデルチェンジが行われていて、2016年9月から2代目モデルの新型フリードが登場しています。

新型フリードは1.5Lガソリンエンジン、1.5Lハイブリッドエンジンを搭載した2種類のモデルがあり、ガソリン車はベースグレードの新車価格が200万以下と低く抑えられているのに対し、ハイブリッド車は新車価格が最低でも220万以上と割高になります。

しかし、ガソリン車と比べて燃費性能がかなり高くなっています。

また、新型フリードはマイナーチェンジの実施が決定していて、マイナーチェンジの際に新たにターボエンジンを搭載したモデルが登場すると言われています。

ターボエンジン車は登場すれば現行のガソリン車より走行性能がアップし、現行エンジンより燃費性能が向上する可能性もあります。

新型フリードは現行のガソリンエンジンでも燃費性能は高めですが、現行エンジンはパワーや燃費の面で一部不満点も挙げられており、ターボエンジンの採用で不満点の改良にも期待が寄せられています。

フリオフリオ

マイナーチェンジで搭乗する予定のターボエンジンは現行エンジンよりパワーが上がり、燃費性能も向上する可能性があるのか。
実際に登場するのが楽しみだな!

スポンサーリンク

フリード新型はMCが決定済み、エンジンがターボ化する理由は?

2016年から登場した新型フリードは2019年にマイナーチェンジの実施が決まっていて、マイナーチェンジで新たにガソリンターボエンジンを搭載したモデルも登場する予定です。

現行モデルで採用されているガソリンエンジンはカタログ燃費が19㎞と低燃費で、実燃費も約13㎞以上の報告が多く、燃費性能は高くなっています。

ただ、フリードのガソリンエンジン車は一部不満な点も報告されています。

・ガソリンエンジンの音が大きい
・加速始めがもたつく

上記のような不満報告が多く、燃費が良くても現行エンジンに少し不満を持たれている方が口コミサイト等で確認できます。

新型フリードがマイナーチェンジでガソリンターボエンジンになった場合、現状挙げられているガソリンエンジンの音、加速始めのもたつき等が改善される可能性が高くなっています。

特に加速始めのもたつきに関してはターボエンジンが採用されると加速性能がアップし、加速始めもスムーズになると予想されていて、信号止まりなどが多い街中での走行性能アップに期待が寄せられています。

新型フリードはガソリンターボエンジンが採用されると現行エンジンの不満点が改善される可能性が高く、マイナーチェンジ後のエンジン性能には期待大です。

フリコフリコ

ガソリンターボエンジンが採用されると現行エンジンの音が大きい、加速のもたつきを感じる点などが解消される可能性があるんだねっ!

スポンサーリンク

フリード新型はMCでハイブリッドのパワートレインも変更される?


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/performance/driving/

新型フリードはマイナーチェンジが行われるとガソリン車にターボエンジンが搭載される予定ですが、同時にハイブリッド車のパワートレインが変更されるという話もあります。

フリードのハイブリッドエンジンには、現在「1.5L 1モーターSPORT HYBRID i-DCD」が採用されていますが、マイナーチェンジが行われるとハイブリッドエンジンが「1.5L 2モーターSPORT HYBRID i-MMD」に変更されると言われています。

HYBRID i-MMDエンジンは走行用モーター、発電用モーターの2つが搭載されているエンジンで、EVドライブモード時は走行用モーターでタイヤを回し、高速走行時はエンジンの出力を活かしながら安定した速度で走行できるハイブリッドエンジンになっています。

また、ハイブリッドエンジンが現行の1モーターから2モーターに変わると走行性能が向上し、燃費性能も良くなるので、現在のハイブリッドエンジンより低燃費走行が期待できます。

マイナーチェンジでのハイブリッドエンジンの変更は確定しているわけではありませんが、2モーターになることでフリードの燃費向上にも繋がるので、ぜひ採用してほしいところですね。

フリオフリオ

ハイブリッドエンジンは2モーターに変わると今のエンジンより燃費性能が上がるのか
マイナーチェンジでハイブリッドエンジンの変更にも期待したいところだな

フリード新型ターボ車に関するその他の最新情報

新型フリードのマイナーチェンジで搭載される予定のガソリンターボエンジンは国外向けのホンダ・シビックで採用されているガソリンターボエンジンと同様みられていて、詳細なスペックもすでに確認できます。

まず、現行エンジンと搭載予定のターボエンジンのスペックを確認してみましょう。

※スマホの方は横画面推奨

エンジン名 排気量 最大出力 最大トルク
直列4気筒 直噴DOHCガソリンエンジン 1.5L 131ps/6,600r.p.m 15.8kgf・m/4,600r.p.m
直列3気筒 ガソリンVTEC TURBO 1.0L 129ps/5,500r.p.m 18.4kgf・m/1,700-4,500r.p.m

 

現行フリードに搭載されているガソリンエンジンは今後搭載予定のガソリンターボエンジンより最大出力が高くなっています。

しかし、ガソリンターボエンジンは最大トルクがガソリンエンジンに比べて大きく勝っていて排気量も現行エンジンより少なくなります。

また、排気量が少なくなるので、自動車税の価格が下がるという利点もあって、マイナーチェンジでガソリンターボエンジンが搭載されると車の維持費ダウンにも期待できます。

フリードに搭載される予定のガソリンターボエンジンは最大出力は少し落ちますが、排気量が現行エンジンより少なく、最大トルクは大きく上がるので、走行時にはパワーアップしたエンジン性能を感じることができるでしょう。

フリコフリコ

搭載予定のガソリンターボエンジンは最大出力は下げるけど、最大トルクはパワーアップして、排気量も少なくなるんだね~
排気量が少なくなって自動車税が安くなるならうれしいね~!

フリード新型ターボ車・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/faq/

新型フリードは2019年にマイナーチェンジの実施が決まっていて、マイナーチェンジの際にガソリンターボエンジン搭載モデルも登場すると予想されています。

フリードに搭載されるガソリンターボエンジンは国外向けホンダ・シビックで採用されているエンジンと同一と見られていて、現行のガソリンエンジンより最大出力は落ちますが、最大トルクは大きく上昇し、排気量は現ガソリンエンジンより少なくなります。

排気量のダウンは自動車税の価格ダウンにも繋がっていて、自動車税が落ちると年間の維持費が下がり、フリードは一部グレードがエコカー減税の対象なので、エコカー減税対象車なら大幅な維持費ダウンにつながります。

また、フリードはマイナーチェンジでハイブリッドエンジンの変更が行われる可能性もあって、エンジン変更が実施されると1モーターから2モーターのエンジンに変わり、ハイブリッドエンジンの走行性能、燃費向上が期待できます。

フリードはマイナーチェンジでエンジンだけではなく、デザイン変更などの改良も行われると見られていて、2019年のマイナーチェンジ実施には多くの方が期待を寄せています。

マイナーチェンジ後の新型フリードのターボ車購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。