ホンダ・フリードは2011年から初代モデルのハイブリッド車が登場していて、2018年現在は2016年に登場した2代目フリードが現行モデルとして販売されています。

フリードハイブリッドは初代、2代目モデルで燃費性能が違っていて、走行方法次第では、燃費性能の向上も狙えます。

今回はフリードハイブリッドの燃費についての情報を紹介していきます。

フリオフリオ

今回はフリードハイブリッドの燃費についての話だ
旧型と新型でどのぐらい燃費が違うか気になるところだな

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリードハイブリッド旧型の燃費は実際どう?

初代フリードは2008年にガソリン車のモデルが登場し、2011年のマイナーチェンジ時にハイブリッドモデルの追加が行われています。

フリードハイブリッドの初代モデルはガソリン車と比べて燃費性能はかなり高く、実際に購入した方からの実燃費情報も多数寄せられています。

まず、初代フリードハイブリッドの燃費性能を確認してみましょう。

※スマホの方は横画面推奨

車種名 カタログ燃費 実燃費(みんカラ情報) 実燃費(e燃費情報)
フリードハイブリッド 初代モデル 21.6㎞ 15.63㎞ 15.10㎞

 

フリードハイブリッドの初代モデルはJC08モードのカタログ燃費が「21.6㎞」で、ガソリン車のカタログ燃費と比べるとリッターあたり5㎞ほど燃費が良くなっています。

多数の方から寄せられている実燃費報告では、みんカラ情報の平均は「15.63㎞」、e燃費情報の平均は「15.10㎞」で、実燃費と比べると6㎞ほど劣ります

また、実燃費の平均はどちらも15㎞ほどですが、詳細燃費報告を確認すると一部の方はリッターあたり8.5~11㎞ほどの報告も挙げていて、走り方次第で実燃費平均より大幅に燃費が落ちる可能性があります。

ただ、リッターあたり17.5~20㎞ほどの燃費報告もあって、停止が少ない高速やエアコンの使用を控えている場合などには、実燃費平均以上の燃費性能を発揮できる場合もあります。

初代フリードは実燃費が15㎞ほどですが、走り方次第で17㎞以上の燃費を記録できる可能性もあって、高速などでは、実燃費平均以上の低燃費走行が期待できます。

フリコフリコ

初代フリードは実燃費が大体15㎞ほどだけど、走行方法次第で燃費向上も期待できるんだね~

スポンサーリンク

フリードハイブリッド新型の燃費は実際どう?

ホンダ・フリードは2016年9月にフルモデルチェンジが実施されていて、フリードハイブリッドも2016年9月から2代目モデルの販売が開始されています。

フリードハイブリッドの新型モデルは新たに「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されていて、初代モデルと比べて燃費性能が向上し、カタログ燃費、実燃費ともに燃費が良くなっています。

まず、新型フリードハイブリッドのカタログ燃費、実燃費を確認してみましょう。

※スマホの方は横画面推奨

車種名 カタログ燃費 実燃費(みんカラ情報) 実燃費(e燃費情報)
フリードハイブリッド 2代目 FF車 26.6~27.2㎞ 17.70㎞ 18.20㎞
フリードハイブリッド 2代目 4WD車 25.2㎞ 17.70㎞ 17.59㎞

 

フリードハイブリッドは2代目モデルからハイブリッドモデルに4WD車が登場していて、FF駆動、4WD駆動で燃費性能が少し異なっています。

まず、FF駆動車ですが、FF車はカタログ燃費が「26.6~27.2㎞」で、初代モデルと比べるとカタログ最大燃費は5.5㎞ほど向上していて、実燃費も約18㎞ほどになっています。

実燃費報告の詳細を確認すると12~14㎞ほどと低い記録もありますが、街乗りメインだと実燃費の平均を下回ることもあって、エアコンも使用するとリッターあたり11㎞ほどまで落ちることもあるようです。

しかし、停止が少ない高速などなら、リッターあたり22㎞以上を記録している方もいて、FF車は走り方や走行環境次第で実燃費を大きく上回る可能性もあります。

次に4WD駆動車ですが、4WD車はカタログ燃費が「25.2㎞」とFF車に比べてリッターあたり2㎞劣っていて、実燃費も17.5㎞ほどになっています。

実燃費のみを確認するとFF車と比べて大きな差は出ていませんが、一部の方の燃費報告では、ハイブリッド4WD車はリッターあたり9.5~10.5㎞ほどの報告も挙がっています。

また、燃費の最高記録も21㎞ほどが多く、FF車と比べると実燃費の効率は劣っているのが確認できます。

ただ、4WD車は山道、雪道に強いという利点があって、雪が降りやすい地域に住む方は安定した走行が可能な4WD車を選択する方がいいでしょう。

新型フリードはFF車、4WD車で燃費性能が違っていますが、どちらも実燃費は17~18㎞ほどの報告が多く、高速ならリッターあたり20㎞以上の燃費で走れる可能性もあります。

フリオフリオ

新型フリードはカタログ燃費、実燃費は旧型に勝っているが、FF車、4WD車で燃費性能は異なっているんだな

スポンサーリンク

フリードハイブリッドの燃費を向上させるには?

フリードハイブリッドの燃費はどのような走行を心がけたら向上するのか?

その方法をご紹介していきます。

まず、フリードハイブリッドの燃費向上を狙う場合、車の急発進、急停止の機会を少なくするのが燃費向上に繋がります。

フリードハイブリッドに限らず、車は急発進、急停止を行うとガソリンを多く使ってしまい、燃費の悪化に繋がります。

急発進、急停止は基本的に避けて、発進時は緩やかにアクセルを踏み始め、停止時はアクセルブレーキを利用しながら停止すると燃費向上が狙えます。

また、フリードハイブリッドの場合、減速時に長くブレーキを踏み続けることでモーター稼働に必要なバッテリーの充電が行えます。

バッテリーを充電しておくと一定速度での走行時、モーターだけで走行が可能になるなどの利点があるため、減速時はゆとりをもって、少しブレーキを踏む時間を長くしておくととモーター稼働での燃費向上が狙えます。

他にもフリードハイブリッドで燃費向上を狙う場合、低速走行時は速度を一定に保ったりECONモードをONにしておくと燃費向上が期待できます。

低速時に速度を一定に保つ理由ですが、新型フリードハイブリッドは低速で大きく速度を上げずに走行した場合、エンジンが停止してモーターのみで稼働するEV走行が行われます。

モーターのみで走行するとガソリンの消費量が大幅に減少するので、低速時はアクセルを大きく踏まず、EVモードでの走行を意識すると燃費向上を狙う際に役立ちます。

ただ、初代フリードハイブリッドは速度を一定に保ってもエンジンが稼働するシステムが採用されているので、モーターのみの走行にはならず、新型フリードと比べるとどうしても燃料消費量が増えてしまいます。

次に、燃費向上を狙う際にECONモードをONにしておく理由ですが、ECONモードはONにしておくと急加速を抑制する機能が働き、またエアコンの省エネ運転も行われます。

急加速が抑制されることで発進時などの燃料消費を抑えることが可能で、エアコンも省エネで稼働させておくと燃費向上に役立てられます。

ECONモードはスイッチを押すだけでON、OFFを簡単に切り替えられるので、フリードハイブリッドの運転時には、できる限りONにして燃費向上を狙ってみるのがいいでしょう。

フリコフリコ

フリードはアクセルブレーキを利用したり、ECONスイッチをONにしておいたりすると燃費向上が狙えるんだね!

フリードハイブリッドは中古車でも燃費はいい?

フリードハイブリッドの中古車購入を考えている場合、中古車で買うと燃費は悪くなるのか?などの疑問が湧いてくることもあるかもしれません。

まず、フリードハイブリッドの中古車を買った場合の燃費についてですが、中古車の燃費性能はバッテリーの状態によって大きく変わってきます

ハイブリッド車は中古で買うとバッテリーが劣化している場合があって、バッテリーの劣化がひどいとモーターの稼働可能時間が短くなり、エンジンの稼働率が上がってしまうので、燃費性能の悪化に繋がる可能性があります。

また、バッテリーを交換する場合、交換費用として40万近い費用が必要になる場合があって、ハイブリッドエンジン搭載の中古車を買うなら、走行距離が長くても2~3万㎞ほどのバッテリー劣化が少ない中古車を選ぶことがおすすめされています。

フリードハイブリッドは中古車で買った場合、バッテリー劣化で新車と比べて燃費性能が悪くなる可能性があるので、中古車購入を検討しているなら、できる限り走行距離が短く、バッテリー劣化が少ない中古車を選んで購入するのがいいでしょう。

フリオフリオ

フリードハイブリッドは中古車の場合、バッテリー劣化で燃費成功が変わるのか
中古車で買うなら走行距離が短くてバッテリーが劣化していなさそうな車両を選べばいいんだな

フリードハイブリッドの燃費・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/

フリードハイブリッドは2011年から登場した初代のハイブリッド車と2016年から登場した2代目のハイブリッド車で燃費性能が違っています。

初代フリードハイブリッドはカタログ燃費は21㎞以上ですが、実燃費は15㎞ほどの報告が多く寄せられていて、燃費性能が少し悪く感じられます。

2代目フリードハイブリッドはカタログ燃費が最大27.2㎞と高く、実燃費は18㎞ほどですが、一部の方は20㎞以上の記録も報告していて、走行方法次第で燃費向上も期待できます。

また、フリードハイブリッドは中古車で買う方も多いですが、中古車はバッテリー劣化によって燃費が悪化する場合があるので、中古車で購入を検討するなら走行距離が短く、バッテリーの劣化が抑えられている車両がおすすめです。

フリードハイブリッドで燃費が気になる場合、燃費性能の向上が図られている2代目モデルを購入し、可能なら中古車は避けて故障リスクが低く、低燃費走行が期待できる新車の購入を検討するのがいいでしょう。

今後、フリードハイブリッドの購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。