ホンダ・フリードは2016年に初代モデルからフルモデルチェンジが実施されていて、同時期に5人乗りモデルのフリード+も新たに登場しています。

フリード+は通常のフリードと比べて全長が大きくなっていて、広いサイズを活かして車内泊を行う方もたくさんいます。

今回はフリード+の車内泊の情報について紹介していきます。

フリオフリオ

今回はフリード+の車内泊についての話だな


フリコフリコ

フリード+はスペースが広いから快適な車内泊ができるのかな?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリードプラスは車内泊出来る?荷室の寸法や段差は?

ホンダ・フリードは2016年9月にフルモデルチェンジが実施されて、新たに「フリード+」という新モデルの販売も開始されています。

フリード+とは、通常のフリードより車両サイズが大きく、通常フリードに標準装備されている3列目シートを廃止したモデルです。

最大5人までしか乗車できませんが、通常のフリードに比べて広い荷室スペースの確保ができるモデルになっています。

まず、フリード+と通常フリードの客室スペースのサイズを比べてみましょう。

※スマホの方は横画面推奨

車種名 客室全長 客室全幅 客室全高
フリード 3,045㎜ 1,455㎜ 1,285㎜
フリードHYBRID 3,045㎜ 1,455㎜ 1,275㎜
フリード+ 2,310㎜ 1,455㎜ 1,285㎜
フリード+ HYBRID 2,310㎜ 1,455㎜ 1,275㎜

 

フリード、フリード+はガソリン車、ハイブリッド車で少しサイズ設定が違っています

まず、客室の全長に関してですが、通常のフリードは「3,045㎜」、フリード+は「2,310㎜」で、比べるとフリード+のほうが大きくサイズが劣っています。

しかし、客室全長はフリードの場合はサードシートを含めた長さ、フリード+はセカンドシートまでの長さとなっていて、フリード+の荷室スペースも含めると全長に関してはフリード+のほうが勝っています。

次に全幅についてですが、幅はフリードの各モデルで「1,455㎜」と同じサイズになっています。

フリード、フリード+で幅のサイズは変わらないので、モデルが違って幅が狭くなるなどの心配はありません。

そして、客室全高に関してですが、全高はモデルではなく、ガソリン車、ハイブリッド車のエンジン種類によってサイズが変わります。

ガソリン車は「1,285㎜」、ハイブリッド車は「1,275㎜」となっていて、ハイブリッド車のほうが10㎜低くなっています。

ただ、この程度の差であれば各エンジン種類による高さはあまり大きな差を感じることはなく、広いスペースを求めてガソリン車の購入を検討する必要はありません。

また、フリードとフリード+のサイズの違いとして、ラゲッジスペースのサイズ違いもあります。

※スマホの方は横画面推奨

車種名 開口部高さ 開口部最大幅 開口部地上高
フリード 1,110㎜ 1,080㎜ 480㎜
フリード+ 1,255㎜ 1,080㎜ 335㎜

 

フリード+は通常のフリードと比べた場合、開口部の幅は変わりませんが、開口部の高さ、地上高が「145㎜」違っています

開口部の高さに関してですが、フリード+は通常のフリードと比べて地面からテールゲート下部までの高さが低めに設定されていて、それを利用して開口部の高さも確保されています。

地上までの高さが抑えられていることで荷物の積み下ろしがしやすく、開口部が大きいので、大型の荷物も楽に積み込めて、多数の荷物を積んで走行することも可能です。

さらにフリード+はセカンドシートをアレンジすることで睡眠スペースの確保ラゲッジスペースの確保なども行えます。

▼シートアレンジ「おやすみモード」

▼シートアレンジ「ビッグラゲッジモード」

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

おやすみモードは運転席、助手席のシートも倒して広い睡眠スペースを確保可能で、シート間の段差も約2.5~3㎝ほどしかないので、マットなどを敷くと段差があまり気にならず、快適な車内泊を行うことも可能です。

また、おやすみモード使用時の荷室は最大190㎝ほどとなっていて、おやすみモードを利用しながらの走行はできませんが、車内泊時などは十分な休憩スペースを確保できます。

ビッグラゲッジモードはセカンドシートのみを倒すシートアレンジで、サイズが大きい荷物を積み込む際などに役立ちます。

おやすみモードと比べて荷室スペースの広さは約165㎝ほどになりますが、ビッグラゲッジモードは運転席、助手席のシートをアレンジしないので、最大2人まで乗車した状態で大きな荷物を積み込んで走行することが可能です。

他にもフリード+には助手席、セカンドシートの一部を倒して荷室を確保する「ロングラゲッジモード」、セカンドシートの一部のみを倒してスペースを確保できる「ハーフラゲッジモード」などもあって、積み込む荷物、乗車人数次第で様々なシートアレンジが利用できます。

▼シートアレンジ「ロングラゲッジモード」

▼シートアレンジ「ハーフラゲッジモード」

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリード+は通常のフリードと比べて車両サイズが大きく、荷室を広く使うことが可能で、遠出した際には車内で車内泊を行うこともできます。

フリコフリコ

フリード+は荷室スペースが広くって、シートアレンジ次第で車内泊スペースも簡単に作れるんだね~

スポンサーリンク

フリードプラス、3人で車内泊したらどんな感じ?

フリード+は車内のシートアレンジをおやすみモードにすると広い睡眠スペースの確保が可能で、大人2人が並んで寝られるほどの広い車内泊のスペースが作れます。

しかし、人数が3人になるとスペースがかなり狭くなるので、条件次第で車内泊が難しい場合もあります。

まず、大人2人、子供1人で車内泊を行う場合ですが、子供の年齢が4歳以下ほどなら、フリード+の広さでも車内泊を行える可能性があります。

ただ、子供の年齢、身長次第では、フリード+だとサイズが足りず、車内泊が厳しい場合もありえます。

次に大人3人で車内泊をする場合ですが、フリード+だと大人3人で車内泊をするのはほぼ不可能だと思われます。

フリード+はミニバンの中でも小型サイズの車種で、シートをアレンジしてスペースを確保しても大人2人が並んで寝れるほどのスペースほどしか確保できません。

3人目が子供の場合はスペース確保ができる場合もありますが、大人3人となるとスペースの確保が難しく、車内泊は厳しくなります。

フリード+はシートアレンジ次第で広い睡眠スペースを確保することが可能ですが、大人3人で車内泊をするのは難しいので、フリード+で車内泊を行うなら大人2人までの予定で計画を考えるのがおすすめです。

フリオフリオ

フリード+の大きさじゃ3人の車内泊は難しいみたいだな
子供ならいけるかもしれないが、基本的に車内泊の限界人数は2人までみたいだ

フリコフリコ

または、かな~り狭くなることを覚悟するかだね(^^;

スポンサーリンク

フリードプラスに車内泊する前にしておきたい改造は?

フリード+で車内泊を行う場合、純正のオプション品などを使って一部の改造を行っておくと快適な車内泊の役に立ちます。

特におすすめな改造ポイントとして、「車内照明の変更」、「ラゲッジマルチボードの設置」、「ルーフラックの設置」、「USBチャージャー、ACコンセントの設置」などが挙げられます。

まず、車内照明の変更ですが、フリードに限らず、多くの車種は車内照明にハロゲンランプが使われています。

ハロゲンランプをLEDランプに交換することで、車内の照明を付けた際の明るさアップに繋がり、特に車内泊時など、社内に滞在する時間が長い場合には、しっかりと照明光を確保できるLEDランプのほうがおすすめです。

フリード+はオプション品としてLED照明が販売されているので、車内泊を行うなら、車内照明のLED化を考えてみるのもいいと思います。

▼オプションLEDルーフ照明

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/ledrooflight/

▼オプションLEDルームランプ

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/ledroomlamp/

次にラゲッジマルチボードの設置ですが、フリード+は荷室の真ん中上部の箇所にマルチボードの設置が行えます。

▼純正オプションラゲッジマルチボード

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/luggagemultiboard/

ラゲッジマルチボードは車内泊を行う際、机として利用することが可能で、寝転ぶ際にも邪魔にならないので、フリード+で車内泊を行うならマルチボードを設置しておくと役立つ場面も多くあります。

そして、ルーフラックの設置についてですが、フリード+は純正のルーフラックなどを設置すると荷室スペースの上部に新たな収納スペースの確保が行えます。

▼純正オプションルーフラック

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/roofrack/

ルーフラックを設置することで車内の荷室スペースが使いやすくなり、ルーフラックは寝転ぶ際にも邪魔にならないので、設置しておくと車内泊の荷物置きとして使える場面もあります。

また、フリード+で車内泊を検討しているなら、USBチャージャーやACコンセントを設置しておくとスマホの充電、家電製品の利用時に役立ちます。

▼USBチャージャー

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/usbcharger/

USBチャージャーはUSB接続で充電が可能なスマホ、タブレット、カメラなどの充電を可能にする装置で、設置しておくと睡眠時にスマホなどの充電が行えます。

▼ACコンセント

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/ac_concent/

ACコンセントはスマホの充電などにも使えますが、家電製品の利用にも使用可能で、「100V/100W」以下のテレビ、ラジオなどを使うなら、ACコンセントを設置しておくと役に立ちます

フリード+で車内泊を行う場合には、LED照明やラゲッジマルチボード、コンセントなどを装備しておき、車内で過ごす時間を快適に過ごせるように工夫しておきたいものですね。

フリコフリコ

車内泊を行うなら、マルチボードやルーフラックは便利そうだよね~


フリオフリオ

それにスマホの充電ができるUSBチャージャーは車内泊以外でも使える場面が多そうだな

フリードプラスの車内泊グッズ、マットやカーテンのおすすめは?

フリード+で車内泊を行う場合、荷室スペースに敷くマットやウインドウ用カーテンも気になりますよね。

まず、マットについてですが、フリード+で車内泊を行うなら、「プレミアムエアーマット」や「純正ラゲッジクッションマット」などを敷いて快適な睡眠スペースの快適化を狙ってみるのもいいでしょう。

プレミアムエアーマットは様々な車種のカスタムパーツを販売している「seed styale」から販売されているマットです。

▼プレミアムエアーマット

引用:http://www.seedstyle.jp/shopdetail/000000009204/136/Y/page1/recommend/

フリード専用に設計されたマットではないので、完全にフィットするわけではありませんが、マットのサイズが「177×56㎝」と大きく、敷いておくと一人分の睡眠スペースを確保できます。

また、プレミアムエアーマットは2つあるとボタンを繋げて連結することが可能で、フリード+ならプレミアムエアーマットを2枚使って2人分の睡眠スペースの確保に使えます。

他にもプレミアムエアーマットはエアバルブをひねるだけで簡単に準備ができるマットで、未使用時は空気を抜いて丸めておくとスペースを大きく使わずに収納できます。

プレミアムエアーマットは厚みが8㎝もあって、睡眠時の快適さアップに使いやすいマットなので、フリード+で車内泊を考えているなら購入を検討してみるのもいいでしょう。

つぎに、、純正ラゲッジクッションマットについてですが、こちらはその名の通り、ホンダ社からフリード+用のオプションパーツとして販売されているマットです。

▼純正ラゲッジクッションマット

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/luggagecushionmat/

純正品なので、社外製品と違ってフリード+のサイズに合っていて、未使用時は折りたたんで荷室スペースに置いておくことができます。

また、純正マットは最大まで広げると2人分のサイズになるので、一部社外製品と違って2人分のスペースを確保する為に複数のマットを購入する必要がありません。

純正ラゲッジクッションマットは価格が少し高めですが、フリード+の全グレードで使用可能なマットなので、車内泊を考えているなら純正マットを購入し、車内泊に役立ててみるのもいいでしょう。

続いて、カーテンのおすすめ品ですが、車内泊用にカーテンの購入を検討しているなら、「アトマイズ フリード+用プライバシーサンシェード」、「純正プライバシーシェード」の購入などを考えてみるのがおすすめです。

アトマイズ フリード+用プライバシーサンシェードは様々な車種の車内泊アイテムを扱っている「アトマイズ」から販売されているカーテンです。

▼アトマイズ フリード+用プライバシーサンシェード

引用:https://item.rakuten.co.jp/atmys/freed-38/

フリード+用のフロント、リア用のサンシェードも販売されていて、アトマイズのシェードは吸盤でしっかり窓に張り付くので、外からの視線カット、太陽光のカットなどに役立ちます

また、フリード+用のシェードはフロントガラス、スライドドアなど、各部分のシェードが用意されているので、車内泊を行う際にカーテン変わりとして使えます。

アトマイズのプライバシーサンシェードはフリード用の専用設計なので、フリード+に合うカーテンを求めている場合には、アトマイズのシェードを選んで装着してみるのもいいと思います。

さらにフリード+には、ホンダ社から販売されているオプション品として、純正のシェードも販売されています。

▼純正プライバシーシェード

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/privacyshade/

純正のプライバシーシェードはフロントウインドウ、サイドウインドウ、テールゲートウインドウ用のシェードがセットになっていて、全体をシェードで覆って外からの視線カット、太陽光の遮断に使えます

また、スライドドア部分のシェードは一部分のみを取り外すことが可能で、シェードを取り外すことでスライドドアの窓から外を見ることもできます。

▼純正プライバシーシェード サイドウインドウ

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/privacyshade/

純正プライバシーシェードは車内泊を行う際に外からの視線カット、光遮断に使えるので、カーテンを求めている場合には、純正オプションのシェードを選んでみるのもいいでしょう。

フリオフリオ

フリード+は社外製、純正のどちらでも使いやすそうなマット、カーテンが販売されてるんだな

フリコフリコ

純正プライバシーシェードを使ったら車全体が一つのテントみたいな感じになって楽しいね♪

フリードプラスで実際に車内泊した人の感想は?

フリード+で実際に車内泊を行っている方は多く、その中には口コミサイトなどに車内泊の感想を書き込んでいる方もいます。

まず、口コミサイト等で実際に車内泊を行った方の感想の中から、評価されていたポイントを紹介します。

・フリード+は天井が高く、座りやすい。
・フリード+は荷室の下部に広い収納スペースがあるので、多くの荷物を積み込みやすい。
・身長180㎝ほどなら足を伸ばして寝られる。

最初にフリード+の天井の高さについてですが、フリード+は客室の全高が「1,275~1,285㎜」と高く、荷室スペースで座っていても天井に頭がぶつかることはほとんどありません

車内泊を行う場合、寝起き時などに天井に頭をぶつけることがほとんどない点はフリード+の利点として評価されていて、天井の高さを活かして大型の荷物を積み込みやすいのも高評価を受けています。

次にフリード+の荷室に関してですが、フリード+は荷室が2段階構造になっていて、ラゲッジボードの下部に広い収納スペースがあります。

▼フリード+ラゲッジスペース

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

車内泊を行う場合、ラゲッジボードの上部は休憩スペースとして利用することになりますが、下部は荷室スペースとして使えるので、車内泊を行いながらも、多くの荷物を収納することが可能です。

そして、フリード+の荷室スペースの広さについてですが、フリード+はシートアレンジ「おやすみモード」を利用すると荷室のスペースが大体190㎝ほどとなって、身長180㎝ほどの方なら睡眠時に足を伸ばしても余裕があります。

身長が185㎝ほどを超えると足を伸ばすのは難しいですが、小型ミニバンながら足が延ばしやすい荷室スペースの長さは多数の方から評価されています。

フリード+は実際に車内泊を行った方が様々な感想を寄せていて、特に天井の高さ、収納、荷室スペースの広さは多くの方が評価をしていました。

フリコフリコ

フリード+は実際に車内泊をした人から車内の広さや荷室下部のスペースが高評価を受けているみたいだね!

フリードプラスの車内泊・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

フリード+は通常のフリードと比べると最大乗車人数が少ないですが、荷室スペースが広く確保されていて、シートアレンジ次第で荷室にスペースを作って車内泊も行えます。

フリード+の車内泊は大人2人までならスペースを確保可能で、3人になると厳しくなりますが、2人旅などなら広いスペースを活かして快適な車内泊ができます。

また、車内泊を行う場合、事前に車内照明、荷室スペースの改造を行っておくと快適な車内空間とすることができ、USBチャージャーなどを付けておくと睡眠時にスマホなどの充電をしておくことも可能です。

そして、フリード+は実際に車内泊を行っている方が多く、その感想も口コミサイトなどで多数見つけることが出来ました。

フリード+で車内泊をした人は、睡眠スペースや荷室スペースの広さを高く評価しています。

フリード+は多人数での車内泊は難しいですが、大人2人ほどなら余裕で車内泊のスペースを確保できる車なので、低人数で車内泊がしやすい車を求めている場合には、フリード+を候補に入れてみるのもおすすめです。

今後、車内泊を目的にフリード+の購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。