ホンダ・フリード+は広い荷室スペースが確保できる車種で、車内泊を行う機会が多かったり、アウトドアの移動手段として車を利用する方は荷室の広い空間に様々な活用法を考えられるフリード+の購入を考えている方もいます。

フリード+の購入を考えている方の中には、新車購入を考えている方も多数いて、新車購入を検討しているなら、値引きに関する情報も気になりますよね。

今回はフリード+の新車価格、値引きについての情報を紹介していきます。

フリオフリオ

今回はフリード+の新車価格、値引きについての話だな


フリコフリコ

交渉を行うと最大でどのぐらいの額まで値引きが狙えるのかな~?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリードプラスを新車で買ったらいくらする?

フリード+の購入を検討している場合、フリード+は新車で買うとどのぐらいの価格になるのか気になりますよね。

まず、フリード+のガソリン車とハイブリッド車の各グレードの新車価格を確認してみましょう。

フリード+ガソリン車 新車価格

車種名/グレード 駆動方式 価格
フリード+B FF 1,900,000円
フリード+G FF 2,000,000円
フリード+G 4WD 2,232,200円
フリード+G Honda SENSING FF 2,120,000円
フリード+G Honda SENSING 4WD 2,352,200円

 

フリード+ハイブリッド車 新車価格

車種名/グレード 駆動方式 価格
フリード+HYBRID B FF 2,276,000円
フリード+HYBRID G Honda SENSING FF 2,516,000円
フリード+HYBRID G Honda SENSING 4WD 2,748,200円
フリード+HYBRID EX FF 2,676,000円

 

フリード+はガソリン車、ハイブリッド車でグレード設定が違っていて、価格も各グレードや駆動方式で変わっています。

最初にガソリン車に関してですが、ガソリン車のフリード+はベースグレードのフリード+Bなら新車価格が200万を切っています

ただ、フリード+Gからは新車価格が200万以上になっていて、フリード+Gの4WD車は223万とFF車に比べて23万ほど高くなります。

さらにガソリン車の場合、フリード+Gには安全装置Honda SENSINGが搭載したモデルも登場していて、フリード+G Honda SENSINGは新車価格がFF車なら212万4WD車は235万ほどから購入が狙えます。

次にハイブリッド車についてですが、ハイブリッド車はガソリン車より新車価格が各グレード30万以上高くなっていて、ベースグレードのフリード+HYBRID Bでも価格が227万からになっています。

Gグレードのモデルはハイブリッド車でも4WD駆動が選択可能となっていて、安全装置Honda SENSINGが付いた状態なら、FF車が251万から、4WD車は274万から購入が狙えます。

さらにハイブリッド車には、高グレードモデルとしてフリード+HYBRID EXも登場しています。

HYBRID EXはフリード+HYBRID Gと比べてサイドアエバッグ本革ステアリング専用デザインアルミホイールなどが付いていて、約267万円ほどから新車購入が狙えます。

そして、フリード+には、ガソリン車、ハイブリッド車共にエコカー減税の対象に入っているグレードがあります。

ガソリン車はフリード+Gの4WD車以外がエコカー減税の対象に入っていて、新車で購入すると取得税が20%重量税が25%軽減となるので、新車購入時に必要な諸経費が減ります。

ハイブリッド車は全グレードがエコカー減税の対象で、ガソリン車と違い、新車購入時の取得税重量税は全額免税になります。

その為、ハイブリッド車のフリード+は諸経費で必要になる費用を大幅に抑えることが可能で、購入翌年の自動車税も75%軽減になっていて、翌年度の維持費用ダウンも狙えます。

フリード+は新車で買った場合、ガソリン車、ハイブリッド車で車両の価格が大きく違っていて、エコカー減税の軽減額も各エンジンタイプによって大きく異なっています。

フリコフリコ

フリード+はガソリン車なら190~235万、ハイブリッド車なら227~274万が新車価格になるんだねっ!


フリオフリオ

実際は新車価格と別に諸経費も含めた金額が必要になるが、フリード+は多くのグレードがエコカー減税の対象だから諸経費は抑えめで済むかもな

スポンサーリンク

フリードプラスの値引きが限界でどこまでいける?

フリード+の新車購入を検討している場合、値引き交渉を行って限界でどのぐらいまで価格ダウンを狙えるのか気になりますよね。

ディーラーで値引き交渉をした場合、車両価格値引き、オプション価格値引きの両方を合わせたフリード+の値引き限界額は約25~30万円ほどと言われています。

フリード+は新車価格が190~275万ほどの車種なので、30万以上値引きしてもらうのは難しく、交渉で20万以上値引きできると大成功と言えます。

ただ、限界額は30万ほどまでですが、実際に値引きを行うと15万円ほどしか値引き交渉に応じてもらえない方も多数いて、限界値までの値引きはかなり難しくなっています。

フリード+は10~15万ほどの値引きに成功した方は多いですが、20万以上の値引きは難しくなっているので、高額値引きを狙うなら様々な準備を整えた後、時期を考えてから交渉に行くのがおすすめです。

フリオフリオ

フリード+は最大30万ほどまでの値引きが狙えるが、最大値までの値引きはかなり厳しいみたいだな

スポンサーリンク

フリードプラスの実際の値引き額を口コミから調査!

フリード+は口コミサイトで様々な感想を書かれている方がいて、実際に値引き交渉を行った方の値引き記録も口コミサイトで確認できる場合があります。

まず、口コミサイトで確認できたフリード+の値引き額の一部をピックアップしてみます。

車種名/グレード 車両値引き オプション値引き 値引き総額
フリード+G Honda SENSING 5万円 5万円 10万円
フリード+G Honda SENSING 10万円 10万円
フリード+HYBRID G

Honda SENSING

10万円 10万円
フリード+G Honda SENSING 5万円 10万円 15万円
フリード+G Honda SENSING 20万円 20万円
フリード+HYBRID EX 15万円 5万円 20万円
フリード+G Honda SENSING 10万円 15万円 25万円
フリード+HYBRID G

Honda SENSING

10万円 15万円 25万円
フリード+HYBRID EX 15万円 15万円 30万円

 

フリード+は口コミサイトで確認すると5~30万円ほどの値引き報告をされている方が多く、特に10~20万円ほどの値引きに成功した方は多数確認できます。

最初にガソリン車の口コミ値引きに関してですが、ガソリン車は大体15万円ほどの値引きに成功した方が多く、一部の方は車両、オプション合わせて25万円ほどの値引きに成功した方も確認できました。

高額値引きの口コミを確認すると車両価格を15万以上値引きできている方が多く、オプションに関しては最大10万ほどと車両に比べると値引き額が低くなっていました。

次にハイブリッド車の口コミ値引きについてですが、ハイブリッド車はガソリン車と同じく、平均的な値引き額は10~20万ほどの金額になっています。

ただ、一部の方は車両、オプション合わせて30万の値引きに成功している方もいて、30万以上の値引きはオプション費用が15万以上下がっている方も多数確認できました。

また、高額値引きに成功したグレードはHYBRID EXが多く、高グレードモデルほど値引き額が高くなっているように感じられます。

フリード+はガソリン車、ハイブリッド車ともに口コミサイトで確認できた平均値引き額は10~20万円ほどで、一部の方は30万の値引きに成功しているのも確認できました。

フリコフリコ

口コミサイトでの報告では、平均値引き額は10~20万ほどなんだね~


フリオフリオ

しかし、一部の人は25万以上の値引きに成功しているみたいだな

フリードプラスを大幅値引きするための3つのテクニックを紹介!

フリード+の購入を検討していて、実際に値引き交渉を行う場合、どのようなテクニックを使って値引き交渉を行うべきか気になりますよね。

ディーラーで高額の値引き交渉を狙うなら、「見積書の事前用意」、「ディーラーオプションの設置」、「新車購入時期」の3つを意識し、値引き交渉に挑んでみるのがいいと思います。

見積書の事前用意

見積書の事前準備は大きく分けて「ライバル車の見積書の準備」と「同社別ディーラーの見積書の準備」の2つがあります。

最初にライバル車の見積書の準備ですが、フリード+に限らず、新車購入を行う場合、車の性能が似たライバル車の見積書を持参し、ディーラーとの交渉時に見せると対抗して車両価格の値下げを行ってくれる場合があります。

フリード+の場合、ライバル車に挙げられやすいのは「スズキ・ソリオ」になります。

スズキ・ソリオ

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

スズキ・ソリオはフリード+と同じく、2シート5人乗りの車種で、燃費の良いハイブリッドモデルも登場しています。

車体のサイズはフリードのほうが大きくなっていますが、ソリオはシートアレンジ次第で荷室スペースを拡張することが可能で、自転車などの大型荷物を積み込めるスペースをアレンジ次第で作れます。

その為、荷室を広く使えるフリード+のライバル車として挙げられやすく、値引き交渉を行う場合には、事前にスズキ社のディーラーでソリオの見積書をもらった後、ホンダ社のディーラーでソリオの見積書を見せながら交渉を進めると高額値引きが狙える可能性があります。

また、別のライバル車として、「トヨタ・シエンタ」の見積書を用意するのもおすすめです。

トヨタ・シエンタ

引用:https://toyota.jp/sienta/

トヨタ・シエンタは3列シート7人乗りの車種なので、通常のフリードのライバル車として挙げられやすい車種でしたが、2018年9月のマイナーチェンジでシエンタにも2シート5人乗りのモデルが新たに登場しています。

2シートモデルはフリード+と同じく、荷室スペースの拡張を狙ったモデルなので、5人乗りシエンタの見積書を見せながらホンダディーラーで交渉すると値引き交渉がスムーズに進む可能性が高くなっています。

次に同社別ディーラーの見積書に関してですが、ホンダ社の車を取り扱う「ホンダカーズ」などのディーラーはほとんどの都道府県に複数あります。

その為、最初に同じ県内にあるA店で見積書を出してもらい、B店でA店でもらった見積書を見せながら交渉するとA店より安くする為に高額値引き交渉に応じてくれる場合があります。

同じ車の見積書なのに値引き交渉が進みやすい理由として、同じ県内にある同会社のディーラーでも実際の店舗は別会社として扱われていて、他ディーラーの見積書があると自社の売り上げを考えて見積書以下の値段に値引きして買ってもらおうと考えるディーラーも多くなっています。

同じホンダ社のディーラーでも店舗が違えばライバル関係になるので、同じ車でも別店舗の見積書があれば、高額な値引き交渉に応じてくれる可能性もあります。

フリード+の車両高額値引きを狙っている場合には、ライバル車や同社別ディーラーの見積書を事前に用意し、ディーラーと交渉して15万以上の値引きを狙ってみるのもいいでしょう。

ディーラーオプションの設置


引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/ledrooflight/

車両価格ではなく、オプション品の値引き額アップを狙う場合、ディーラーオプションの設置が重要と言われています。

ディーラーオプションとは、車の納車時にディーラー側で取付を行うオプション品のことで、フリード+の場合はインテリアの「インテリアパネル」、「LED照明」、「ラゲッジトレイ」など、多数のオプション品が対象になります。

また、ディーラーオプションで装着可能なカーナビなどもあって、ディーラーオプション品を複数付けることでオプションの総額値引き額が大きくなる可能性が高くなります。

特にカーナビは値引きが高額になりやすいオプション品で、新車購入時に付けておくとオプション値引き額アップが狙えます。

オプション品は複数付けると車両の総額アップになりますが、オプション品を複数付けるとディーラーとの交渉次第でオプション価格の高額値引きが狙えるので、必要度が高いディーラーオプションは優先して装着を検討し、ディーラーとの値引き交渉を行ってみるのがおすすめです。

新車購入時期

フリード+に限らず、新車購入を行う場合、購入時期を考えて交渉に挑むことで高額値引きがしやすいと言われています。

特に高額値引きが狙える時期として、「3月」、「9月」、「12月」の3つが挙げられます。

なぜ3月、9月、12月の時期が値引き交渉に向いているのか、というと、3月と9月は会社の決算直前なので、ディーラーとしては売上を伸ばしたい時期であり、多少高額の値引きをしても新車を販売したいと思っています。

その為、決算直前の時期はフリード+の購入で20万近くの値引きを要求しても応じてくれる可能性があって、値引き交渉に向いている時期と言われています。

また、12月は新車の暦年登録の最終月となるので、決算時期と同じくディーラー側が新車の売り上げを伸ばしたい時期であり、高額の値引き交渉に応じてくれる可能性が高くなっています。

フリード+の高額値引きを狙う場合には、3月、9月、12月あたりなら高額値引きに応じてくれやすいので、新車購入を急がないなら、決算時期に合わせて値引き交渉を行うのがいいと思います。

フリオフリオ

フリード+の値引き交渉を行うならライバル車の見積書や購入時期が重要なんだな


フリコフリコ

オプション値引きを狙う場合はディーラーオプションの複数装備やカーナビの装着なども効果ありそうだねっ!

フリードプラスの値引き・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

フリード+は新車で購入する場合、ガソリン車なら190万から、ハイブリッド車なら227万からベースグレードの購入が狙えます。

しかし、フリード+は値引き交渉を行うと平均10~20万ほどの価格ダウンを狙うことが可能で、高額値引きに成功すると30万近くの価格ダウンに繋がる場合もあります。

また、フリード+の値引きを行う場合、スズキ・ソリオやトヨタ・シエンタの見積書を用意したり、オプション品の複数購入でオプション価格の価格ダウンを狙うと総額の値引き額が高くなりやすく、決算時期前などに新車購入を合わせられると25万以上の値引きも期待できます。

フリード+は値引き交渉が上手くいけば20万以上の値引きも期待できる車種なので、価格を抑えてフリード+を購入したい場合には、事前にライバル車などの見積書を用意し、決算時期にディーラーに行くなど、各テクニックを活かして値引き交渉を行うのがいいでしょう。

今後、フリード+の新車購入を検討している場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。