ホンダ・フリードは2016年にフルモデルチェンジが実施されており、旧モデルの車種フリードスパイクの後継車として、5人乗りモデルのフリード+が登場しています。

フリード+は通常モデルのフリードと違い、車体が少し大きく、荷室スペースが広く作られている車で、大型の荷物も楽に積み込めて、広さを活かして車内泊も行えます。

今回はフリード+の荷室に関しての情報を紹介していきます。

フリオフリオ

今回はフリード+の荷室に関する話だな


フリコフリコ

フリード+は荷室サイズが大きいらしいけど、実際はどのぐらいの大きさになるんだろうね?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

フリードプラスの荷室の長さ、寸法は?

フリード+は通常のフリードと比べて荷室スペースが広く確保されていますが、実際にどのぐらい大きいのか気になりますよね。

まず、フリード+のテールゲート開口部のサイズから確認してみましょう。

▼フリード、フリード+テールゲート開口部サイズ

車種名 開口部高さ 開口部最大幅 開口部地上高
フリード 1,110㎜ 1,080㎜ 480㎜
フリード+ 1,255㎜ 1,080㎜ 335㎜

 

フリード+は通常のフリードと比べて、開口部の幅サイズは同じですが、高さと地上高のサイズは違っています。

最初に開口部の高さについてですが、フリードの開口部高さ「1,110㎜」に対し、フリード+は「1,255㎜」と145㎜高くなっていて、フリードより高さのある荷物の積み込みが可能になっています。

また、地上高もフリードの「480㎜」に対し、フリード+は「335㎜」と通常のフリードと比べて地上高が145㎜低く、フリード+はテールゲートの開口部が地上に近いので、荷物を大きく上に持ち上げなくても荷室に積み込むことができます

さらにフリード+は荷室内部を標準装備のラゲッジボードを使って区切ることで、荷室の上部と下部の2段に分けて広く使うことができます。

▼フリード+荷室

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリード+の荷室を2段に分けて使った場合、上部と下部の荷室サイズは違っていて、特に奥行は上部、下部で大きさがかなり異なっています。

初めに荷室上部の奥行と幅についてですが、荷室の上部はフリード+のシートアレンジ次第でサイズが大きく変わります

例えば、セカンドシートも使えるノーマルモードの場合、荷室スペースのサイズは「奥行約85㎝×横幅約120㎝」となります。

▼フリード+ シートアレンジ「ノーマルモード」

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

ノーマルモードは食品などの買い物荷物は楽に積み込めるスペースはありますが、大型の荷物になると積み込むのが難しいこともあって、その時には別のシートアレンジで荷室スペースの拡張を行う必要があります。

次にセカンドシートを畳んで荷室スペースを拡張するビッグラゲッジモードの場合ですが、ビッグラゲッジモードを利用すると荷室スペースのサイズは「奥行約160㎝×幅約120㎝」ほどになります。

▼フリード+ シートアレンジ「ビッグラゲッジモード」

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

ビッグラゲッジモードはセカンドシートを畳むので、最大乗車数が2人までになりますが、荷室スペースの奥行きがかなり長くなって、自転車などの大型の荷物も積み込めます

さらに運転席、助手席も前方へ畳んで荷室スペースを最大まで広げるおやすみモードを利用した場合、荷室スペースのサイズは「奥行約190㎝×横幅約120㎝」ほどになります。

▼フリード+ シートアレンジ「おやすみモード」

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

おやすみモードは運転席のシートを前方に畳んでしまうので、走行時に利用できるモードではありませんが、荷室スペースを最大まで広げられるので、パーキングエリアでの長期休憩や車内泊時に使うと快適な休息スペースが作れます

そして、荷室を2段に分けた際の下段スペースのサイズについてですが、下段の荷室スペースは奥行サイズが「約90㎝」高さが「約35㎝」ほどで、幅に関しては開口部から見て手前と奥でサイズが違っています。

開口部手前側の場合、幅サイズは「約70㎝」ほどと広く、高さは35㎝ほどあるので、大型のダンボールなども積み込めます。

荷室下部スペース奥側の幅サイズは「約50㎝」ほどと手前側と比べて狭く高さも手前側と比べると少し低めになっていて、手前ほど大きな荷物は積み込めませんが、小物を複数入れたり、履き替え用の靴を入れておくスペースなどとして利用できます。

フリード+はテールゲート開口部が通常のフリードと比べて大きく、荷室スペースもシートアレンジ次第で広くできるので、大型の荷物も積み込みやすく、車内泊を楽しめるスペースの確保もできます。

フリコフリコ

フリード+はシートアレンジで荷室のサイズが変わるんだね~


フリオフリオ

ビッグラゲッジモードは奥行も約160㎝と広く、多くの荷物を積み込めそうだな

スポンサーリンク

フリードプラスの荷室の容量は?

フリード+の購入を検討している場合、実際にどのぐらいの荷物を積み込めるのかなど、荷室の容量が気になりますよね。

まず、2列目シートも使用可能なノーマルモードの場合、荷室スペースの奥行は約85㎝になりますが、買い物かごやテントなどのアウトドア用品は楽に積み込めるスペースがあります。

また、フリード+は荷室スペースの天井までの距離が高いので、ダンボールなどを数箱積み上げて荷室に置いておくこともできます。

次に2列目シートを畳んだビッグラゲッジモードの場合、荷室スペースの奥行は約160㎝ノーマルモードと比べて2倍近くのサイズになります。

ビッグラゲッジモードは奥行サイズが大幅に伸びるので、釣り竿、ゴルフバッグなどの奥行スペースが必要な物も楽に積み込めて、ダンボールなどなら10箱以上積み込むことも可能と言われています。

フリード+は荷室の容量がかなり大きく、コンパクトミニバンながら大きな荷物を積み込んで走行することも可能となっています。

フリオフリオ

フリード+はシートアレンジ次第で荷室サイズが変わるが、ノーマルモードでも日常利用なら便利に使える機会がありそうだな


フリコフリコ

ビッグラゲッジモードも少人数で遠出する際に使えそうだよね~

スポンサーリンク

フリードプラスの荷室は改造でさらに進化する?

フリード+は荷室に様々なオプション品を付けてカスタムすると荷室スペースの利便性アップなどが狙えます。

例えば、オプション品「スライドレール」と「クロスバー」を荷室に設置すると積み込んだ荷物を固定し、坂道などでテールゲートを開けた際の落下防止が狙えます。

▼スライドレール&クロスバー

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/sliderailsystem_crossbar/

また、クロスバーは荷物の固定だけではなく、服を干したり、荷物の間仕切りとしても使うことが可能で、使い方次第で荷室スペースの利便性アップに繋がります。

▼クロスバー 使用例1

▼クロスバー 使用例2

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/sliderailsystem_crossbar/

他にも荷室カスタムに使えるオプション品として、「ルーフラック」、「ラゲッジボックス」、「マルチユースバスケット」、「ラゲッジマルチボード」などもあります。

まず、ルーフラックは荷室スペースの上部に小物類を入れて置ける収納スペースを作れるオプション品で、装着しておくと収納スペースの拡張に使えます。

▼ルーフラック

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/roofrack/

普段使いする小物類を入れて置いたり、車内泊を行うなら毛布やアウトドア用品などを入れる収納スペースとして使うことも可能です。

次にラゲッジボックスは荷室下部の収納スペースの利便性アップに使えるオプション品で、下部スペースに積み込んだ荷物の整理整頓に役立ちます

▼ラゲッジボックス

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/luggagebox/

ラゲッジボックスは荷室下部の手前側スペースに収まるサイズとなっていて、間仕切り用のボードを使うとスペースを区切ってボックス内を整理することも可能で、小物や着替えなどを入れておく収納ボックスとして使えます

また、ラゲッジボックスは下部スペースに入れた状態でも滑りにくく、坂道など、車体が傾いた状態でテールゲートを開けた際の落下防止にも役立ちます

さらにマルチユースバスケットはテールゲートの左右部分に装着して収納スペース拡張に役立つオプション品で、展開すると小物入れとして利用できます。

▼マルチユースバスケット

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/multiusebasket/

大きな荷物は置けませんが、帽子などの小物を置くスペースとして使いやすく、未使用時は折り畳むことが可能なので、使っていない時でも荷室スペースの邪魔になりません。

そして、ラゲッジマルチボードは装着すると荷室に新たな段差を追加できます。

▼ラゲッジマルチボード

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/freed/interior/luggagemultiboard/

ラゲッジマルチボードは許容荷重が10㎏なので、10㎏を超える荷物を置くことはできませんが、軽い荷物なら置いても問題はなく、セカンドシートに知り合いを乗せる場合には、荷室の目隠しとしても使えます

また、ラゲッジマルチボードは車内泊を行う場合のテーブルとしても利用可能で、収納スペースの利便性アップだけではなく、車内泊の快適さアップに使えるのも利点となっています。

フリード+はスライドレール、ルーフラックなどを追加して荷室スペースの利便性アップを狙うことが可能で、多くの荷物を積み込むなら、ラゲッジボックスやマルチユースバスケットなどが使える機会もあります。

フリコフリコ

荷室スペースにクロスバーやラゲッジボックスを設置するとかなり便利そうだね~


フリオフリオ

ルーフラックは新たな収納スペースの作成に役立つし、マルチボードは収納以外でも使用用途があるのが便利そうだな

フリードプラスの荷室、おすすめ活用法はコレ!

フリード+は3列目シートが廃止されている分、広い荷室スペースが確保されていて、荷室スペースには様々な活用法があります。

例えば、フリード+の荷室活用法の1つとして、車内泊を行う際の睡眠スペースが挙げられます。

▼車内泊イメージ

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

フリード+はシートアレンジ「おやすみモード」を利用した場合、荷室スペースの奥行が190㎝ほどもあって、身長180㎝ほどの方なら足を伸ばして寝転がっても余裕があります。

また、荷室の横幅も120㎝と広いので、大人二人ほどなら並んで寝ることが可能で、荷室下部やインパネ周りにも収納スペースがある為、車内泊に必要な荷物の収納場所も確保しやすくなっています。

さらに純正オプション品に車内泊で使える収納スペースの拡張アクセサリー、フリード+用のクッションマットなども販売されていて、純正オプション品を購入しておくことで車内泊を快適さアップも狙えます。

他にもフリード+の荷室活用を考える場合、アウトドア趣味の方の移動手段なども挙げられます。

フリード+はシートアレンジ「ビッグラゲッジモード」を利用すると荷室スペースの奥行が約160㎝ほどと広く確保可能で、自転車などの大型の荷物も積み込めます

さらに「ロングラゲッジモード」を利用するとサーフボード、釣り竿などを車内に積み入れることが可能なので、サーフィン、釣りなどに出かける機会が多い方は荷室スペースを広く確保できるフリード+のシートアレンジが役立つこともあります。

▼ロングラゲッジモード

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリード+はシートアレンジ次第で荷室を広く確保することが可能で、広い荷室スペースは車内泊やアウトドア、買い物の移動手段など、様々な用途で活用できます。

フリオフリオ

フリード+の荷室は車内泊やアウトドアの移動手段などで活用できる機会があるんだな


フリコフリコ

シートアレンジで大きな荷物を積み込めるのはキャンプとかに出かける時に役立つ機会が多そうだよね~

フリードプラスの荷室のサイズ・まとめ


引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリード+は通常のフリードと比べてテールゲート開口部が大きく設計されていて、シートアレンジ次第で多くの荷物を積み込めます。

例えば、シートアレンジがノーマルモードの場合、荷室の奥行は85㎝ほどになりますが、奥行きが短くても天井までの距離は高く、食料品や消耗品などの日常で使う物を多数購入しても積み込めるスペースがあります。

他にもシートアレンジビッグラゲッジモードを利用するとセカンドシートを畳んで荷室スペースを拡張することが可能で、ビッグラゲッジモードなら釣り竿、ゴルフバッグなどの奥行が必要になるアイテムも楽に積み込めます

また、フリード+は標準装備されたラゲッジボードの下に床下収納スペースもあって、床下スペースも奥行約90㎝ほどあるので、キャンプや車内泊を行う際に必要となる着替えや靴などを保管しておく場所として使えます。

さらにフリード+はオプション品を購入して荷室を改造することも可能で、クロスバーやラゲッジボードを追加しておくと荷室スペースの利便性アップが狙えます。

フリード+は荷室スペースの広さを活かして車内泊にも使える車なので、車内泊ができたり、荷物の出し入れがしやすい車を求めている場合には、フリード+の購入を検討してみるのもおすすめです。

今後、フリード+の購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

フリードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

フリードの新車がほしい!

最新型のフリードは、コンパクトミニバンとしての究極系として進化を遂げており、取り回しの良いサイズ感を維持しながらも、見た目からは想像できないほどの広々とした室内空間を実現しています。

日常生活でも、旅行やレジャーでも、フリード1台あればすべてのシチュエーションに対応できてしまう。

そんな超優秀な車、それが新型フリードです。

フリードは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!

4WDやハイブリッドもラインナップされていて、自分が欲しい性能のグレードも必ず見つけられるはずです。

3列シートで多人数移動も可能、シートをたためば大きな荷物も楽々収納

スーパーでの買い物や日常での送り迎えはもちろん、

かさばる荷物を運んで遠出する事も得意なので、キャンプなどのアウトドア好きやウィンタースポーツ好きなどからも支持されています。

友人や家族と出かける機会が多い方にも持って来いの車ですね。

でも、いざ買うとなると…

  • 「フリードは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

しかし、このような悩みをしっかり解決できる人なんで、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。